Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS XXXなのかAmazon XXXなのかのルール

AWSのサービスはいろいろありますが、名称がAWS XXXもしくはAmazon XXXなのか、ときどきわからなくなりませんか?何かルールがあるのかなと思い、調べてみた結果を共有します。

結論

Stack Overflowの回答を見つけました。しかも回答した人は、AWSの中の人のようです。それによると以下のルールとのこと。

  • Amazon XXX
    • スタンドアローンのサービス
  • AWS XXX
    • ユーティリティのサービス

Why some services are called “AWS XXX” and the others “Amazon XXX”

もう少し深掘り

上記回答によれば、AWS XXXのユーティリティ系は他のサービスとの連携があることも特徴らしい。具体例で挙がっていない別サービスを例に挙げてみて、このルールが適用されているか見てみる。

AWS XXX

AWS CloudHSM
AWSでVPCあるのが前提だし、他サービスとの連携必須と考えるとユーティリティでよさそう。

AWS Snowball
AWSのデータを取り扱う事になるため、これもユーティリティでよさそう。

AWS AppSync
DynamoDBやLambdaと連携ありきなサービス。これもユーティリティでよさそう。

Amazon XXX

Amazon EC2
たしかにスタンドアローンなサービス。他AWSサービスと連携が必須ではない。

Amazon Cognito
別に他AWSサービスと連携が必須というわけではなさそうだし、合ってそう。

Amazon SQS
確かにスタンドアローンな気がするが、他サービスとの連携有りきな気もするが...。まぁSQSをオンプレ環境からコールするのはユースケースとしてありそう。

感想

たしかに、自分が適当に挙げてみたサービスについては、ちゃんとルールに沿っていそうな気がする。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away