Raspberry Pi 2の初期設定(外付けモニタ・USBキーボードなし、OS:Raspbian)

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Raspberry Pi 2を購入したので、試した結果を共有します。

1.購入したもの

  • Raspberry Pi 2 Model B ボード&ケースセット
    • Raspberry Pi 2 Model B本体とクリアケースのセット
  • microSDHCカード 32GB SAMSUNG EVO Class10 UHS-I対応
    • microSD本体です。
    • ゲタ(microSDカードをSDカードスロットにも挿入できるようにするアダプタ)があるので便利です。
  • Raspberry Pi電子工作エントリーキット(Economy)
    • TechShareの製品で、LEDとかジャンパワイヤという接続ケーブルが入ったセット DSC_0414.JPG

2.その他必要なもの

  • microUSBケーブル
    • Raspberry Piの電源はここからとります。Androidのスマートフォンを持っていれば、その充電器で代用できますし、百均でも売っています。
  • LANケーブル

電子工作は初めてなのですが上記全部Amazonから購入しました。アンダー1万円です。

3.設定環境

全てMac上から操作していて、外付けモニタやUSBキーボードを使わずに設定しています。
また、自宅のネットワークで設定を行いました。

4.事前準備

Raspberry PiはOSが入っていないので、自分でmicoroSDにインストールする必要があります。

(1)microSDのフォーマット

下記のサイト「SD/SDHC/SDXC用SDフォーマッター4.0」を使って、SDカードをフォーマットします。
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

(2)Raspbianのダウンロード

RaspbianというOSをインストールします。
下記のRaspberry Pi公式サイトから、RaspbianというOSをダウンロードして解凍します。
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/
FireShot Capture 1 - Download Raspbian for Raspbe_ - https___www.raspberrypi.org_downloads_raspbian_.png.png

(3)解凍・microSDへの書き込み

上記のダウンロードファイル(Zip)を解凍します。
解凍先に拡張子が".img"のイメージファイルがあるので、
SDカードを装着してMac標準のターミナルを立ち上げて以下のコマンドを実行します。

$ diskutil list

"Apple〜"以外がSDカードの領域ですので確認してください(PC環境により異なります)。
例:/dev/disk2

次にddというコマンドを使って、microSDカードへの書き込みをします。
まず、アンマウントしないと書き込めないで、アンマウントします。
$ diskutil unmountDisk /dev/disk2

次に、書き込みます。ディスクの指定やファイル名を間違えないようにしてください。
$ sudo dd if=ファイル名.img of=/dev/rdisk2 bs=1m

時間がかかるかもしれませんが、反応が返ってきたら書き込み完了です。
これで、インストールというか、書き込み完了です。

5.起動と接続

起動をしてSSHという接続方法でMacからリモート接続できるようにします

(1)起動

先ほどインストールしたmicroSDをRaspberry Piに挿入して、microUSBを接続します。
Raspberry Piは電源スイッチがないので、microUSB接続後すぐに起動します。

(2)IPアドレス確認

自宅のネットワークに接続しているので、DHCPという仕組みでRaspberry PiにIPアドレスが自動で割り振られています。
自宅内で接続する端末の数も少ないのでIPアドレスは推測できました。

(3)接続

先ほどのターミナルからsshで接続してみます。
ユーザはpiなので、
$ ssh pi@192.168.0.*

と接続します。パスワードを聞かれるので
初期パスワードraspberryでログインしてください。

無事、入れましたね。これでMac端末上からリモートでアクセス可能になります。

6.各種設定&アップデート

追加で、もうちょっと設定を加えます

(1)各種設定

$ sudo raspi-config
で設定画面を出します。

変更箇所は、

  • Expand Filesystem
  • Change User Password
  • SPI/I2Cの有効化

でいいと思います。
設定を終えると、再起動が実行されますので、再びSSHで接続してください。
piユーザでログインする際のパスワードが変更になっているの注意です。

(2)各種アップデート

パッケージのアップデートをします
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

カーネル、ファームウェアのアップデートをします
$ sudo rpi-update

シャットダウン

終わったら、Raspberry Piをシャットダウンしましょう
$ shutdown -h now

設定は以上です。今日はここまで。