31
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Azure Notebooks 活用の tips

Azure Notebooks とは

Azure Notebooks

  • 無料で
  • クラウド(Azure)のJupyter Notebook環境が利用できる

サービスです。
Azure Notebooks を使うと,手元のパソコン内にプログラミング環境が無くても
ウェブブラウザの中でインタラクティブなプログラミングができます。
(ただし,インターネットにつなぐことができれば,の話です。)

プログラミング言語としては

  • Python(ver2,3系両方)
  • R
  • F#

がサポートされています。

この記事ではAzure Notebooks活用のtipsをお伝えします。

pipを用いたPython packageの追加

Azure Notebooksの環境中に使いたいPython packageが無い場合があるかと思います。
そのような場合でもpipコマンドで追加することが可能です。
NotebookのCell中で ! を pipコマンドの前に付けると実行できます。
また,たとえC[++]拡張を含むpackageでも,whl形式で配布がされていればコンパイル不要で即座にinstallが完了します。
(whlはコンパイル済みの依存拡張ライブラリをPythonパッケージに詰め込んだものと考えてください。)
ここでは例として
StanのPythonインターフェース pystan の追加を挙げてみます。

image.png

上記のように最初からAzure Notebooks内にそのPython packageが無い場合でも, (Linux用の) whlがPyPIにあれば
即座にインストール・利用が可能です。

Github の repository の clone

Azure Notebooksのライブラリ (notebookの一まとまり,と考えてください) の追加方法として
githubのrepositoryのcloneがサポートされています。

これを使うと,オライリーの書籍のnotebook repositoryなどを自分のAzure Notebooksライブラリに容易にクローンできます。
例えば Andreas Muellerさんと Sarah Guidoさんの共著
Introduction to Machine Learning with Pythonnotebook repository をみなさんのAzure Notebooksのライブラリとしてimportしたいとしましょう。
その場合,下記のように入力することですばやく import できます。

image.png

また最近ではこの From GitHub 指定画面に導く badge がREADMEに用意されている GitHub repository も存在します。
例えば Wes McKinney さん著の Python for Data Analysis, 2nd Editionhttps://github.com/wesm/pydata-book がそうです。

image.png

notebook extensions の標準サポート

Azure Notebooks の環境には最初から notebook extensions が幾つかインストールされています。
menubar 中の nbextensions config からGUIで有効化できます。

image.png

image.png

Jupyterlab の標準サポート

次世代版 Jupyter Notebook の Jupyterlab も Azure Notebooks 環境には最初からインストールされています。

下記の画像のようにURLを変更しjumpすることでJupyterlabがstartします。
(画像中のURLの fDh168plrKc の箇所は各notebook環境固有の文字列になります。適宜置き換えて考えてください。)

image.png

以上 Azure Notebooks 活用の tips でした。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
31
Help us understand the problem. What are the problem?