Posted at

Arch Linux で lilyterm を使う(ボツ)

More than 3 years have passed since last update.

この文章は素人が書いたものであり、間違いが含まれているかもしれないので留意してほしい。また、ボツの理由は後述する。


about

lilyterm とは、軽量かつ多機能が謳い文句のターミナルエミュレータ。

libvte を使用(X 向けのターミナルエミュレータウィジェット。gnome-terminal などで使われている)。

開発元は


install

Arch Linux の公式パッケージを導入する。

$ sudo pacman -S lilyterm


config

雛形をコピーし、既定の値を上書きする形で設定すると楽。設定できる箇所は非常に多い。

$ cp /etc/lilyterm.conf ~/.config/lilyterm/default.conf

以下、最小限の設定。

ロケールの設定

default_locale = "ja_JP.UTF-8"

lilyterm の起動時に任意のコマンドを走らせる際など、確認のダイアログが一々表示されて鬱陶しい。vim などのよく使うコマンドをホワイトリストへ追加しておく。

execute_command_whitelist = vi vim

スクロールバーは非表示に

show_scroll_bar = 0


keybind

vim や zsh とバッティングするので一旦全て無効に。タブ機能やコピー&ペーストなどを使わなければ再設定は不要かも。


theme

solarized 化する。

dotfiles/default.conf at master · blueyed/dotfiles · GitHub より

diff --git lilyterm/default.conf lilyterm/default.conf

index d975269..03e477c 100644
--- lilyterm/default.conf
+++ lilyterm/default.conf
@@ -89,15 +89,15 @@ show_color_selection_menu = 1

# The normal text color used in vte terminal.
# You may use black, #000000 or #000000000000 here.
-foreground_color = white
+foreground_color = #838394949696

# Sets the background color for text which is under the cursor.
# You may use black, #000000 or #000000000000 here.
-cursor_color = cyan
+cursor_color = #5555b5b5e7e7

# The background color used in vte terminal.
# You may use black, #000000 or #000000000000 here.
-background_color = black
+background_color = #00002b2b3636

# Shows [Increase window size], [Decrease window size],
# [Reset to default font/size] and [Reset to system font/size]
@@ -466,7 +466,7 @@ scroll_down_1_line = Shift Down
# The main ansi color theme used in vte.
# Possible values are linux, xterm, rxvt, and tango.
# or left it blank to use the default settings form libvte.
-theme =
+theme = solarized

# Invert the ansi colors, like invert the darkred to red, darkblue to bule.
invert_color = 0


使うの止めた

vimperator 等の外部エディタとして lilyterm + vim を計画。

外部エディタとして起動させる最小限のコマンドは

lilyterm --separate --execute vim

となる。(実際にはラッパースクリプトを用意して、フォーカスの制御なども行っていた。)



  • --separate は、既存の lilyterm のタブで開かずに新規ウィンドウで開くためのオプション。(Web ブラウザの --new-window 的なアレ)


  • --execute は、lilyterm の起動時に走らせるコマンド。

当初、問題は無かったと思うのだが、あるときから --separate--execute の組み合わせで


  • 起動した lilyterm + vim 内にて、インプットメソッドの Fcitx が有効にならない

  • フォントが期待通りではない(おそらく fontconfig が正しく反映されていない?)

というトラブルに遭遇。環境変数を正常な状態のものと比較してみたが、特に異常は無し。

解決は難しそうだったので利用継続を断念。