Edited at

ImageMagick でダミーの GIF 画像を生成する

More than 1 year has passed since last update.


概要


  1. 縦横のサイズがそれぞれ 1px で、背景が透明なダミー用の画像が欲しい。

  2. できればコマンドラインでサクッと作りたい。

  3. 余計なツールは入れたくない。

ググればすぐに答えを得られるが、備忘用にメモっておく。


結論

ImageMagick の convert コマンドを使う。

$ convert -size 1x1 xc:none dummy.gif

ImageMagick の identify コマンドで、ちゃんとできたか一応確認しておく。

$ identify dummy.gif

dummy.gif GIF 1x1 1x1+0+0 8-bit sRGB 2c 43B 0.000u 0:00.000

例は GIF だが、他の画像フォーマットでも同じようにできるはず。


動作環境

$ uname -a

Linux desktop-arch 4.8.10-1-ARCH #1 SMP PREEMPT Mon Nov 21 11:55:43 CET 2016 x86_64 GNU/Linux

$ convert --version

Version: ImageMagick 6.9.6-5 Q16 x86_64 2016-11-22 http://www.imagemagick.org
Copyright: Copyright (C) 1999-2016 ImageMagick Studio LLC
License: http://www.imagemagick.org/script/license.php
Features: Cipher DPC HDRI Modules OpenCL OpenMP
Delegates (built-in): bzlib cairo fontconfig freetype gslib jng jp2 jpeg lcms lqr ltdl lzma openexr pangocairo png ps rsvg tiff webp wmf x xml zlib

ImageMagick は Arch Linux の公式リポジトリにあるパッケージを導入している。


ImageMagick とは

ImageMagick は画像編集のデファクトスタンダード[要出典]なので、多くの環境において導入済みだろう。


引数の xc:none とは

xc:none とは透明の単色画像を指定しているようだ。

まず xc: の部分


擬似ファイル

ImageMagick では画像ファイルの指定部分で、下記の形式を用いることにより作成することができる。|ImageMagick: Formats 参照。

xc:color

colorで塗りつぶされた画像

ImageMagick - くっきー文書館 より


なるほど「擬似ファイル」って分かりやすい。公式ドキュメントも参照してみる。xc: の解説は


An backward compatible alias for the 'canvas:' psuedo-file format, used to create a solid color canvas image.


xc:canvas: のエイリアス。canvas の定義は


Useful to create solid color canvas images. Use -size and -depth to specify the image width, height, and depth. Example canvas color specifications include canvas:red and canvas:#FF0000.

If no color is specified a 'white' canvas image is generated. If no -size is specified a single pixel image of the specified color is generated.

ImageMagick: Formats より


単色画像を生成するのに便利らしい。未確認だが、仕様上は「白色」が既定値のようだ。


指定できる色名

xc:nonenone の部分で色を指定できるようだ。

指定できる色名はドキュメントの Color Names の項を参照。

none 以外にも transparentrgba(0,0,0,0.0) などが透明として扱われるようだ。