Ruby
Rails
プログラミング
初心者
ネットワーク

オススメの技術書についてまとめたよ

はじめに

プログラミングを始めてから今日まで、たくさんの技術書を読んできました。
その中でも特に「読んでよかった」と思う本をまとめました。

①プロを目指す人のためのRuby入門

個人的にRubyの入門書ではNo1です。
本当に細かく丁寧に解説がしてあって、テストコードも書いていくスタイルなので面白かったです。
Railsを学ぶ前にきちんとRubyを理解する必要があると感じました。
オススメです!
www.amazon.co.jp/dp/4774193976

②Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

いくつかあるRailsの書籍の中では一番わかりやすいのではないでしょうか。
現在はRails5バージョンも出ていますので気になる方はチェックしてみてください。
www.amazon.co.jp/dp/4774164100

③入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ

周りの人にもLinuxはこの本から入ることをオススメしています。
Linuxの歴史から基本コマンドの使い方、シェルまでを解説してあり、
値段も安く、サイズも小さいので携帯にも便利です。

私も3周ほど読みましたが本当によくまとまっています。
www.amazon.co.jp/dp/4062579898

④スッキリわかる SQL 入門

Railsから勉強を始めるとSQLの知識はなかなか学ぶ機会がない。
Active Recordでデータベースの操作ができてしまうからですね。

こちらの書籍はSQLの基本操作から設計、トランザクションと幅広く体系的に学べる内容となっております。DokoQLという専用のサイトを使って手を動かしながら学ぶので身につきやすいと感じました。
www.amazon.co.jp/dp/4844333933

⑤ネットワークはなぜつながるのか 第2版

字数もページ数も多く読むのに苦労しましたが非常に大切なことが書いてあると思います。
エンジニアをやる上でネットワークの知識は必要不可欠ですし、知る知らないでは全然違ってきます。
www.amazon.co.jp/dp/4822283119

⑥オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

オブジェクト指向を学ぶ最強の書籍です。

インスタンス、サブクラス、ポリモーフィズム、カプセル、ガベージコレクション....
聞いたことはあるけど意味はわからなかったオブジェクト指向の用語を理解できます。

コラムの内容も面白かったです :thumbsup:

www.amazon.co.jp/dp/4822284654

⑦わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

まだGitに慣れていない頃にこちらの書籍を書いました。
漫画のキャラクターがGitについてわかりやすく教えてくれます。

キャラクターが可愛いのでモチベーションも上がります⤴︎⤴︎
www.amazon.co.jp/dp/B071D4D6XX

⑧SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

アジャイル開発やスクラムについて勉強した時に買った本です。
こちらも一部漫画で解説がされており、非常にわかりやすい内容でした。

www.amazon.co.jp/dp/4798129712