Help us understand the problem. What is going on with this article?

ArchWSLの構築

はじめに

私はおじいちゃんなのでInsider Previewを使っていること前提です。
Windows InsiderのFastリングで運用すると3ヶ月に一回OSが壊れるのでSlowにしたほうがいい。まじで。でもスリルと新機能つかっていきるのがたまんねぇよなぁ
T2チップ難民

下準備

まずWSLのインストール

PowerShellを管理者権限で開き

PowerShell
Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux
dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart
cmd
wsl.exe --set-default-version 2 # デフォルトでWSL2をインストールするようにする

Terminal

Scoopでのやり方を書いていましたが、個人的にScoopはおすすめできなくなったので、
利点をあげると、githubに上がってるリリースとかをわざわざ持ってこなくてすむ、けど特にブラウザ系、チャット系、などのセルフアップデートが備わってるものはScoopで管理しないほうが良いと思う。
そもそもGithubにはWatch releaseって機能があるしgitifyを使えばデスクトップ通知が来る。そもそもめーるでくるし。

これらはおすすめではありません。。必須なんだよなぁ。。なので入れます。Preをつかうと心が豊かになるよ!

あとRegistoryのLxssを使ってる系は不具合を起こすことがあります。そのときは再起動をします。
大抵は治るのですが、治らなかった場合はWindowsUpdとかのきっかけで治る場合もあります。クリーンインストール繰り返してWindows構築何回もしたくないですよね^^

Alacrittyのせっていのれい

フォントは木漏れ日フォント+Firacode nerdをみっくすして使っています。。。みっくす、、えろい

インストール

ArchWSLorArchWSL2から、Arch(2).zipをDL
ArchWSLと2の違いはSystemd関連、2をおすすめ
まずzipの中身を見るとわかるのですが
image.png

このようにArch.exerootfs.tar.gzが入っています。

  • Arch.exeはリネームすればWSLに登録するディストリ名を変えられます。(Arch.exeランチャーのソース)
  • rootfs.tar.gzはリネームしたらいけない。(詳しくはソース)

まずうちさぁ屋上あんだけど、WSLのファイル置いてかない?

何処においてもいいんです。

ただ、分かりやすい位置に置いとくのがベターだと思います。
例 : C:\Users\Username\WSL\Arch\Ver2
例 : Z:\WSL\Zarch\

あとはターミナルでArch.exe起動しましょう。それだけでインストールされる。すき

初期設定

※インターネット環境がある前提です^^

Pacman

shell
vim /etc/pacman.d/mirrorlist;vim /etc/pacman.conf

書き方はArchWiki/PacmanArchWiki/Mirrorを参照してください。

shell
pacman-key --init;pacman-key --populate;pacman -Syy archlinux-keyring

keyringの初期設定;keyringのインストール;keyringの更新

パッケージのインストール+アップグレード

shell
pacman -Syyuu --needed base-devel fish vim neovim git progress python go repo tmux

最初にfakerootをインストールするか Y/n で聞かれるので n と打ち Enter を押しましょう。 Y だと一部システムが動かなくなります。

yay

shell
git clone https://aur.archlinux.org/yay-git.git;sed -i -e /exit\ \$E_ROOT/d /bin/makepkg;cd yay-git;makepkg;pacman -U yay-git-*.pkg.tar.*

Genie

このままだとSystemdが使えないので(2ではない場合)

shell
yay -S genie-systemd-git

Shellの起動時にGenieが実行されるようにすると便利

config
genie -c tmux

なんて書き加えればtmux様が起動してくれる。もちろんSystemdやSystemd依存もちゃんと動く。
がこの設定でfishをWSLから呼び出すとtmuxがInitalizeされるので良くない。そういうときは

fish_without-config
wsl -- env HOME=/tmp fish

fishにはconfigをロードしないで起動する方法が$HOMEを変えるしかない。
普通に考えてエイリアス使うけど。
結論でいうと~/binをWindowsに作ってなかに***.cmdでも打ち込めばいいわけ!

arw.cmd
@wsl.exe -d ArchV2 -- genie -c tmux
X使う人への神スクリプト
set -gx DISPLAY (pwsh.exe -c 'Get-NetIPAddress -AddressFamily IPv4 | Where{$_.InterfaceAlias -eq "vEthernet (WSL)" } | select -ExpandProperty IPAddress' | perl -pe 's/\015\012/\012/g' | sed -e "s/\$/:3/" ) > /dev/null &

なんかifconfigでもできるらしい
shell:fish_remove-windows_path
set PATH (echo $PATH|tr ' ' '\n'|grep -v /mnt/|grep -E '^/')

トラブルシューティング等

  • Xを使うとdbusが応答しない -> aurdbus-x11に置き換える。
  • Dockerが使えない(Win+wsl2,linux含めて) -> ubuntuを使う

https://cloud-images.ubuntu.com/ から
xxxxxx-server-cloudimg-amd64-wsl.rootfs.tar.gz
https://github.com/yuk7/wsldl/releases/download/19111602/icons.zip から icons.zip/ubuntu.exe (バージョン番号を加えてリネームしたほうがわかりやすいかと)
この2つを同じディレクトリに置けばUbuntuがインストールできます。(比較してかなり時間かかる(ときもある(再起動すれば直る(ときもある))))

あきかんはリサイクル

お問い合わせは、
お客様相談室(体言止め)
ピラミッド

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした