LoginSignup
57
28

More than 5 years have passed since last update.

超初心者のための「Railsがなにをしているか例えてみよう」講座

Last updated at Posted at 2018-11-30

超初心者のための「Railsがなにをしているか例えてみよう」講座 

おはようございます、こんにちは、こんばんわ。
私はインフラトップという会社で、
プログラミング学習の「WEBCAMP」でメンターとして勤めております。
その中で、良くされる質問が、
「Railsでそもそも何を書いたらいいのかわからない」
「Railsがなんで動いているのかわからない」
などです。その気持ち…。
よ~~~~~~~~~~~~っくわかります。

.saveとついているから何となく保存されているんだろうな、
とゲームなどでそれとなく覚えている単語から推測、
理解して使っているような時期が、私にもありました。

WEBCAMPメンターとして働く最中にしたRailsの仕組みの説明を、
フィードバックとして記事にしようと思い立ちました。

プログラミングは、
どう説明しても人によって理解の速度が違うので、
これが「完璧な説明」とは言えないと思います。
しかし生徒の皆様にご理解をいただけたことも多く、
有効な説明と自負しております。

あくまでもわかりやすくするために多少の独自解釈を含みつつ、
ざっくりかいつまんでのお話をさせていただきます。

もくじ

  • そもそもRailsって何をしているの?
  • Railsの動きは、「店舗と商品と運送と保存管理」で成り立っている
  • Railsで最低限抑えるべきこと

そもそもRailsって何?何をしているの?

まずはここからご説明をさせていただきます。
Rubyを使って作られたフレームワークということが一般的に説明されていますが、
一言で言えば、

  • Railsの規約に従って作っていけば、比較的簡単にアプリを作れる仕組み
  • Rubyを使って作られており、アプリの作成にもRubyが使える。
  • Web上にアプリ・サービスを作る事に使える。

というのが、Railsフレームワークです。
ひとまず、この3点を覚えておけばRailsの理解の下準備としては十分です。
Web上にアプリケーションを作る、というのがとても重要です。

続いて、Railsが何をしているのかをご説明します。
MVCという構造を採用しています。

  • Model…データベースの管理
  • View…ホームページとして表示する機能
  • Controller…機能を定義して、モデルと提携してデータを引き出し、Viewの管理も行う

というようになっています。

つまり、
Web上にアプリを作るというのは、
フォームに文字などを入れると、データベースに保存され、
自動で更新されるホームページが出来上がる、ということです。

それだけ?と思うかもしれませんが、極論を言えばそれだけです。
その中に数式を入れて計算させたり、
通常のホームページのように装飾したりできますが、
根本の部分はこの点に集約されます。
もっと便利にするためにgemなども使えますが、
こちらは基礎を押さえてからご利用頂いた方がいいと思います。

基本的にはこの点を起点としてRailsアプリは作られている、と考えておきましょう。

Railsの動きは「店舗と商品と運送と保存管理」で成り立っている

それでは、Railsアプリの基本を押さえる為に、
Railsがしている仕事を現実の仕事に例えていきます。
MVCの説明をしましたが、一つずつ分解して考えていきましょう。

  • Model→データベース=「運送業の倉庫」データを預けたり、預かり方を設定できる。
  • View→ホームページ=「コンビニ店舗」預かったデータをホームページに展開、閲覧できるようにする。新しいデータの預かりもできる。
  • Controller→「倉庫の従業員&運転手」仕事のやり方を作る、データの出し入れの管理=倉庫の従業員兼、運送トラック。

MVCに加えて、今度はRoutesというのも出て来ます。

  • Routes→「倉庫とコンビニの住所」ブラウザでどの住所=URLに行けば、仕事ができるかを設定する。

まずはこれくらいを意識して、解説を読んでみましょう。
今回はデータベースへの保存と、Viewからのブラウザ表示のみに焦点を当てます。
実際に手を動かしてチェックしてみて下さい。

それでは、スタート前に、以下のコマンドを入れて下準備をします。
コントローラを準備しましょう。
rails g controller posts new index create show

続いて、routesを変更します。
routesは、

  • URLを入力したら
  • viewで<%= link_to 'リンク名', ~path %>で作られるリンクをクリックしたら
  • フォームなどのデータベースに更新する処理をしたら

どのような機能につながるのかを、
設定します。

get '/URL' => 'コントローラ名#アクション名'

この場合は、URLにつないだら、コントローラに設定されたデータを持ってきて、
同じ名前のアクション名のついたViewをホームページとして設定します。

post '/モデル名s' => 'モデル名s(コントローラ名)#create'

この場合は、Viewファイルにあるフォームから送信した場合、
モデル名に対応したデータベースに保存させる、という記述です。
createのアクションで詳しく解説します。

それでは今回説明するアクションのroutesを書いていきましょう。

config/routes.rb
Rails.application.routes.draw do
  # アプリを開いた瞬間につながるページをrootで記述します。
  root 'posts#index'

  # 今回使用するrouteはこちらです。
  # resourcesで自動出力されるものと同一にしてあります。
  get  '/posts/new'  => 'posts#new',as: 'new_post'
  post '/posts'      => 'posts#create'
  get  '/posts'      => 'posts#index'
  get  '/posts/:id'  => 'posts#show',as: 'post'
end

ここまでで、下準備はOKです。
あとは、実際に起こっている出来事を追いかけながらチェックします。

まずは、データの格納先である、データベースに保存するためのモデルを作ります。
モデルは「データベース」そのものというよりは、
データベースに対応した箱を作り、その取扱い方法を記述するものです。
今回は、データベースに対応した箱を作るコマンドからスタートします。
rails new アプリ名
でアプリを作成後、アプリに移動、その後に実行していきます。
以下のコマンドをターミナルに打ち込んでみましょう。

rails g model post title:string body:string
rails db:migrate

このコマンドを実行すると、
こんな感じの仕切りが付いた箱が作れるようになります。
今後、posts_controllerでPost.newと入れると、
保存用に準備できる箱ができあがるようになります。
new.png

そして仕切り箱には名前がついています。

title,body,id,created_at,updated_at

この仕切り箱一つ一つのデータの格納場所を、
「カラム」といいます。
このうち、
titleとbodyは、コマンドで自分で準備したもので、
id,created_at,updated_atの三つは、自動で準備されるものです。
この三つはrailsが自動で記入するので、基本的にはいじれないものです。
idは保存されたデータに順番に自動で振られる番号です。(重要)
created_atはデータの作成日、
updated_atはデータの更新日です。
先ほど入力した
rails g model post title:string body:string
というコマンドで、Postモデルが出来あがり、
それ以降は「Post.new」とコントローラで記述することで、
一つ箱が作れるようになります。
これがないと、データをデータベースに保存できません。

では続いて、入力フォームのあるページと動作を記述してみます。
これはnewアクションと言います。
下記の絵と、コードを参照して動きを確認しましょう。

このnewアクションは、
localhost:3000/posts/new
にアクセスするか、

もしくはViewfileの中で
<%= link_to 'new',new_post_path %>
で作られるリンクをクリックすると、
ブラウザにフォームが書かれたnewのページが表示されます。

new_create.png

app/controllers/posts_controller.rb
def new
    @post = Post.new
end
app/views/posts/new.html.erb
<%= form_for(@post) do |f| %>
  <div class="field">
        <%= f.label :件名 %>
        <%= f.text_field :title %>
    </div>
    <br>
  <div class="field">
        <%= f.label :本文 %>
        <%= f.text_area :body %>
    </div>
    <br>
    <%= f.submit :投稿 %>
<% end %>

@post = Post.newで@postという作業員さんに、Post.newという箱を預けます。
これが届くことで入力フォームに入力可能になり、
データベースに保存ができるようになります。
そして入力フォームを画面に表示するために、
fomr_forの記述がしてある場所に@postさんに来てもらい、
Post.newの内容の記述ができるようにブラウザで表示、
ページにアクセスしている人に記述をお願いし、
最後に送信ボタンを押してもらうと、createアクションに送信します。

ここが重要で、
Post.newでPostモデル用の箱を作ったので、
app/controllers/posts_controller.rb
の中にあるcreateに、その荷物を送るという手順になっています。
Post.newで新しく箱を準備するので「新規の投稿」、
新しくデータとデータをしまう場所をcreateしてもらう、ということです。

ちなみにposts_controller.rbは、
「Postモデルの」という意味のあるコントローラ名です。
複数形にするのがポイントです。(Railsの命名規則です)
ここではPostモデルと契約していることになっている、
と考えるとイメージしやすいと思います。
こうすることで、Postモデルのデータを取り扱う役割が持てます。

createアクションでは、以下のような記述と、作業内容になります。
今回は、データベースにしまう動きですので、ブラウザには表示しません。
コントローラしか記述をしないで大丈夫です。
こちらも画像を確認しながら、動きをチェックしてください。

このcreateアクションはnewに書かれたフォームで、
データを入力、送信ボタンを押すと動きます。

create.png

app/controllers/posts_controller.rb
def create
  @post = Post.new(post_params)
  @post.save
  redirect_to posts_path
end
# private以下は、一番下のほうに記入します。ここから
private

def post_params
  params.require(:post).permit(:title, :body)
end
# ここまで。この下にendがひとつだけあるのを確認して下さい。
end

まず、
@postさんという作業員さんに、新たにPostモデルの箱を渡します。
しかし、渡す前に、post_paramsさんという別の作業員さんにチェックを依頼します。
newのフォームからもらったほうのPost.newの箱のデータを、
「Postモデルかどうか」→params.require(:post)
「カラムはtitleとbodyだけ受け付ける」→.permit(:title, :body)
という順番で検査します。
newのフォームからもらったPost.newのデータが正しければ、
createで作られたPost.newモデルにしまい直すという作業をします。
そしてしまい直したら、
@post.saveで@postさんは、倉庫にデータを収めに行ってくれます。
これらの作業は、Rails内部で行われているので、見えません。
しかし、このままですと、このページにアクセスしている人は、
データが登録できたかどうかが確認できません。
ですので、redirect_to posts_pathで、
ブラウザの表示をindexアクションのページに移動させるようにする必要があります。

ここまでで、createの仕事が終わりになります。

ではせっかくなので、続いてindexアクションについての記述を行いましょう。
indexアクションは、すべての投稿をまとめて表示する、という内容です。
今回は投稿後は必ずこのページに移動するように設定しています。

indexアクションは、
このnewアクションは、
localhost:3000/posts/
にアクセスするか、

もしくはViewfileの中で
<%= link_to 'new',posts_path %>
で作られるリンクをクリックすると、
Postモデルに保存されたデータの一覧ページにつながります。

index.png

index2.png

app/controllers/posts_controller.rb
  def index
    @posts = Post.all
  end

これだけです。
これはどういうことをしているのかというと、
PostはPostモデルにアクセスします、という意味で、
.allはPostモデルに保存されたものをすべて持ってきてください、という意味です。

今回は@postsというトラックに、
Postモデルに保存されたものをすべてしまいました。
そして、しまい込んだあと、
Viewファイルに記述された@postsにデータが届くようになっています。
このデータをすべて同じレイアウトで並べられるように、
each文で、レイアウトを決め、すべてのデータを同じ展開の仕方で表示します。

Viewファイルに以下の表記をして下さい。

app/views/posts/index.html.erb

<h2>投稿一覧</h2>
<h3>件名/本文</h3>
<% @posts.each do |post| %>
    <%= post.title %>/<%= post.body %>
    <br>
<% end %>

そうすると、すべてのPostモデルのデータを、
<%= post.title %>/<%= post.body %><br>

というレイアウトで繰り返して表示します。
棚にきれいに整列させて並べるような感じです。

では最後にshowアクションの記述を行ってみましょう。
showアクションは、
Postモデルに保存されたデータの中から、
保存されるごとに自動で番号が振られるidを基準に、
ひとつのデータを持ってくるように指定するアクションです。

このnewアクションは、
localhost:3000/posts/id(=保存された番号)
にアクセスするか、

もしくはViewfileの中で、
※この例はindex.htmlの@posts.eachの中で使われる想定です。
<%= link_to 'new',post_path(post) %>
で作られるリンクをクリックすると、
ブラウザにshowのページが表示されます。

今回は、
localhost:3000/posts/2
だった場合の動きです。
ちなみに、この場合二件以上データが投稿されていない場合は、
表示ができません。無いものは表示できないからです。

show.png

app/controllers/posts_controller.rb
    def show
        @post = Post.find(params[:id])
    end

@が先頭についた変数をインスタンス変数、と言います。

Post.findは、Postのように先頭の文字を大文字に変更すると、
コントローラはPostモデルにアクセスする、という意味になります。
そして.findで「idを頼りに一件だけデータを選択します」という意味になります。
(params[:id])で、そのデータがidです、と確定します。

app/views/posts/show.html.erb
<%= @post.title %>
<%= @post.body %>

などと書けば、データベースに保存されたPostモデルのカラムがそれぞれ表示されます。
ここまででデータベースへの保存と、
ページの表示に関する機能の実装方法を説明しました。

Railsで最低限抑えるべきこと

最後に復習とまとめとして、
Railsで最低限抑えるべきことを記載します。

  • Railsアプリを作るということは、
    フォームに文字などを入れると、データベースに保存され、
    自動で更新されるホームページを作るということ

  • MVCはあくまでデータの出し入れと、
    ホームページとしてデータをどう表示するかを制御しているというのが基本

  • routesで各機能へのURL、pathの制御を行っている

  • コントローラ内でPostとつけた場合、データベースから
    Postモデル関係のデータを引き出す操作を行うこと。
    @を付けた変数をコントローラで準備しないと、
    Viewにはデータが届けられないこと
    (回避する方法自体はある)

  • Post.newという記述がデータベースへの保存には必要なこと。
    保存されたPostモデルデータは主にposts_controllerで取り扱うこと。
    (回避する方法自体はある)

この点をひとまずしっかり抑えられれば、
初心者がRailsアプリケーションを作る上では十分です。
データの流れ、Railsの動きがしっかり分かれば、
悩みも半減すると思います。

少し長い記事になってしまいましたが、
ご覧いただきありがとうございました!

画像素材:かわいいフリー素材集いらすとや 様 (https://www.irasutoya.com/)

57
28
4

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
57
28