Help us understand the problem. What is going on with this article?

初学者のVPSサーバー構築手順書(4)

ゼェ・・・ゼェ・・

次にWebサーバーとして利用できるようにするためのアプリケーションApache (アパッチ)のインストールと、DNSの設定をして行く序でにLAMP全部入れる。

httpサーバーApacheをインストールする

まずはサーバーにログイン

$ ssh -i ~/.ssh/kaiji tonegawa@tk0-000-00000.vs.sakura.ne.jp
Last login: Tue Oct 22 00:41:48 2019 from kd0000000000.ppp-bb.dion.ne.jp

SAKURA Internet [Virtual Private Server SERVICE]

[tonegawa@tk0-000-00000 ~]$ 

次にrootにスイッチ

[tonegawa@tk0-000-00000 ~]$ su -
パスワード:
最終ログイン: 2019/10/22 (火) 00:56:48 JST日時 pts/0
最後の失敗ログイン: 2019/10/30 (水) 01:14:20 JST日時 pts/0
最後の正しいログインの後に 46 回の失敗ログインの試行があります
[root@tk0-000-00000 ~]# 

入れたら

# yum install httpd

ズラーっと流れて

Total download size: 2.8 M
Installed size: 9.6 M
Is this ok [y/d/N]:y

とyと入力して表示メッセージの最後に’Complete!’と表示されればインストール成功。

次にhttpdを起動します。

# systemctl start httpd

何も出てきませんが、これでhttpdが起動でき他みたいです。

ファイアウォールの設定を変更。

CentOS7のデフォルトの状態ではファイアウォールが有効になっており、http通信が遮断されているので、この通信を通過できるようにします。
また、暗号化された通信(SSL)もあとで使うことになるので、ここでhttpsプロトコルも許可しておくようにします。

なのでまずは起動させる。

#systemctl start firewalld

確認

[root@tk0-000-00000 ~]# firewall-cmd --state
running

起動okなので

[root@tk0-000-00000 ~]# firewall-cmd --add-service=https --zone=public --permanent
success

firewall-cmd --add-service=https --zone=public --permanentを入力してsuccessとなれば成功。

次にファイアウォールサービスを再起動。

#systemctl restart firewalld

何も表示は出ませんので確認するためにhttp://000.00.000.000/
(あなたのIPアドレス)を入れてみて以下が出れば使える状態になってます。

Apache HTTP Server Test Page powered by CentOS.png

しかし、このままだとメンテナンスやトラブルなどでサーバーを再起動したときにhttpdが自動で起動してくれないらしく、再起動したら都度手動でhttpdを起動させる手間が発生するみたいです。

そこで、サーバー再起動時にhttpdもあわせて起動するように設定し、Windowsでいうと「スタートアップ」にソフトウェアを登録する作業に似ているらしいです。

なので以下のコマンドを実行

[root@tk0-000-00000 ~]# systemctl enable httpd
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.

これは「サーバー起動時に、httpdもあわせて起動する」設定みたいです。

正しく設定されたかどうか

[root@tk0-000-00000 ~]# systemctl list-unit-files -t service
UNIT FILE                                     STATE   
abrt-ccpp.service                             enabled 
abrt-oops.service                             enabled 
abrt-pstoreoops.service                       disabled
abrt-vmcore.service                           enabled 
abrt-xorg.service                             enabled 
abrtd.service                                 enabled 
arp-ethers.service                            disabled
atd.service                                   enabled 
auditd.service                                enabled 
autovt@.service                               enabled 
blk-availability.service                      disabled
brandbot.service                              static  
chrony-dnssrv@.service                        static  
chrony-wait.service                           disabled
chronyd.service                               enabled 
console-getty.service                         disabled
console-shell.service                         disabled
container-getty@.service                      static  
cpupower.service                              disabled
crond.service                                 enabled 
dbus-org.freedesktop.hostname1.service        static  
dbus-org.freedesktop.import1.service          static  
lines 1-23

ずらっとリストが表示されたので「Q」を入力すれば離脱できます。

[root@tk0-000-00000 ~]# service httpd start
Redirecting to /bin/systemctl start httpd.service

スタートさせて
アクセスできるかhttp://IPアドレスで確認

[root@tk0-000-00000 ~]# systemctl enable httpd.service

自動起動でok?
後はFTPかSFTPを使ってファイルをアップロードとドキュメントルートの権限を変更すればokみたいです。

MySQL

まずは不要なmariaDB削除

yum remove mariadb-libs
##色々流れます##
rm -rf /var/lib/mysql/

MySQLリポジトリ追加

CentOS 7からMySQLが公式リポジトリで提供されていないのでMySQLのリポジトリを追加するとの事

yum localinstall http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm
##色々流れます##

MySQLインストール

yum install mysql-community-server
##色々流れます##

起動

systemctl start mysqld.service

何も表示されない?

MySQLの自動起動を設定

systemctl enable mysqld.service

MySQLのセキュリティ設定

mysql_secure_installation

パスワード求められたのでサーバのIPアドレスでログインと同じ物を・・
(using password: YES)って出たからいいのかな。。

my.cnf設定

vim /etc/my.cnf

開いて任意の場所に追加

character-set-server = utf8
default_password_lifetime = 0

以上。

PHP

yumにepelとremiリポジトリをインストール

yum install epel-release

remiインストール

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHPをインストール

yum install --enablerepo=remi,remi-php71 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-mysqlnd php-pear

全部yyでComplete!で終了

php.ini設定

バックアップを取って置く

cp /etc/php.ini $HOME

php.iniを編集

//上部から変更していく

expose_php = On
↓
expose_php = Off  //ヘッダからphpのバージョン情報を削除

;date.timezone =
↓
date.timezone = "Asia/Tokyo"  //タイムゾーンを設定


;mbstring.language = Japanese
↓
mbstring.language = Japanese


;mbstring.http_input =
↓
mbstring.http_input = pass


;mbstring.http_output =
↓
mbstring.http_output = pass


;mbstring.encoding_translation = Off
↓
mbstring.encoding_translation = Off


;mbstring.detect_order = auto
↓
mbstring.detect_order = auto

Apacheを再起動

systemctl restart httpd.service

次回に続く

kou_san
カメラマン、デザイナー出身のゲームアプリ系(html&css,mysql,Java,Jsp&Servlet,C#,JavaScript,Unity)の学生でした。 現在何故か某〇〇〇のサーバーサイドにいます。 Kotlinにも興味を持ってます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした