Posted at

AmimotoでWordPress立てたときにハマったこと

More than 5 years have passed since last update.


AmimotoでWordPress立てたときにハマったこと



失敗


  1. 事前にドメイン取得

  2. AWSのシンガポールリージョンでMarketPlaceからAmimotoをぽちりしてT1.microインスタンスをLounch

  3. AWSのPublicDNS名にアクセス!

  4. 諸々の設定をし、公開できるレベルにサイトを整える!

  5. EIPを付ける!

  6. ネームサーバのAレコードにEIPのIPアドレスを登録!

  7. 数分後に新ドメインアドレスでサイトを確認!

  8. WordPressの管理画面が404 NotFound!

  9. あ”ーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!

いきなり公開するのもなんだから整えてからというのが心情じゃないですか。

しかし、3の際にWordPressのInstallとか管理画面設定とかするんですが、その際にアクセスしているドメイン名がDBに格納されるらしいのですよ。

mySQLにアクセスしてちょいちょいと変更すればいいのですが、イチから建てようと思っていたがAmimotoで楽をしようとして逆にブラックボックス化して、くじけました。orz

で、再度やり直し。



成功


  1. 事前にドメイン取得

  2. AWSのシンガポールリージョンでMarketPlaceからAmimotoをぽちりしてT1.microインスタンスをLounch

  3. EIPを付ける!

  4. ネームサーバのAレコードにEIPのIPアドレスを登録!

  5. EIPをAレコードに登録したドメイン名でアクセス!

  6. WordPress設定

  7. 諸々の設定をし、公開できるレベルにサイトを整える!

という順番が正解です。

まあせっかくだから、WordPressのドメイン名変更手順を纏めておきますか。

EIPを付けてPublicDNS名が変わってしまった時点で気付くべきだった。