Help us understand the problem. What is going on with this article?

簡単サーブレット(WLS)

More than 5 years have passed since last update.

簡単サーブレット(WLS)
過去にWeblogicでJavaアプリを作って動作確認とかしたログ。
応用して手でDB連携Java書いたりして結合テストや一気通貫のテストで活用した。
機会があれば、その際に使用したJavaのソースをアップできればいいなぁ。

●簡単なJAVAアプリ作成

1.JAVAサーブレットを作成する

HelloServlet.java
import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;

/** Hello World!表示サーブレット **/
public class HelloServlet extends HttpServlet {
 public void doGet (HttpServletRequest req, HttpServletResponse res)
   throws ServletException, IOException {
   PrintWriter out;

   res.setContentType("text/html; charset=UTF-8");
   out = res.getWriter();

   out.println("<html><body>");
   out.println("<h1>Hello World!</h1>");
   out.println("<p>Servletのサンプル(HelloServlet.java)</p>");
   out.println("</body></html>");
 }
}

2.コンパイルする

 $ javac HelloServlet.java

HelloServlet.classというファイルが生成されます。
mainメソッドがある、通常のJAVAアプリの場合、

 $ java HelloServlet

で実行できますが、この例の場合、mainメソッドがねえと怒られます。

3.xmlファイルを作成する

web.xml
<servlet>
 <servlet-name>HelloServlet</servlet-name>
 <servlet-class>HelloServlet</servlet-class>
</servlet>
<servlet-mapping>
 <servlet-name>HelloServlet</servlet-name>
 <url-pattern>/HelloServlet/</url-pattern>
</servlet-mapping>
weblogic.xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE weblogic-web-app
http://xmlns.oracle.com/weblogic/weblogic-web-app/1.0/weblogic-web-app.xsd>
<weblogic-web-app>
</weblogic-web-app>

4.アプリケーションを構成する
以下のようなディレクトリ構成にします。

HelloServlet
|
|-WEB-INF
||weblogic.xml
||web.xml
||
||-classes
|||HelloServlet.class
|||

5.アプリケーションを作成します。
 HelloServletにcdします。

 $ pwd
 HelloServlet
 $ ls
 WEB-INF
 $ jar cvf ../HelloServlet.war *

6.作成したアプリケーションをWebLogicにデプロイしてください。
http://weblogicサーバ:port/Webアプリケーション名/url-pattern名

ex.
http://hogehoge.net:8080/HelloServlet/HelloServlet

で、Webアプリにアクセス出来ます。

2011/11/13 up

kou_bacchus
属性:闇、野良SE。
http://www.kou16.net/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away