Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windowsのコマンド履歴を取得するコマンド(historyではなく)

はじめに

初めての投稿。

Windowsのローカル環境で、Railsの勉強とかしているときにコマンドを叩くのだが、どのコマンドを叩いたかをいちいちメモったり、.txtファイルとかに出力するのがめんどくさかったので調べてみた。

コマンドプロンプトではなくPowerShellを普段使っているのでPowerShell用のコマンドを調べた。また、セッションごとに消えてしまうので
history はあきらめた。

コマンド

Get-Content (Get-PSReadlineOption).HistorySavePath

ファイルパス

上記のコマンドが参照しているファイルは

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\PowerShell\PSReadLine\ConsoleHost_history.txt

さいごに

どうしようもないのかもしれないが、上記.txtファイルの中身は本当にただのコマンドの羅列で、追加日時などは書いていないので取得件数などを決めない限り実用的ではない気がする。

参考リンク

Get-PSReadLineOption

kotarobot
27歳。業務経験1年半の駆け出しプログラマ。前職はインフラ系のセールスエンジニア。業務ではC#。Ruby on RailsとC++勉強中。業務で使わないWeb系の知識を学んで転職もしくはフリーランスになりたい。学生時代にドイツに1年留学。趣味は読書とサッカー観戦、時々筋トレ。ガジェットと相棒、Mr.Robotがすき。日々勉強したことの備忘録を書いていきます。お手柔らかに。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした