Edited at

gunicornをバックグラウンドで実行する方法

個人開発として作成しているOwntimeのCD(継続的デリバリー)を実装する際に、 gunicornをバックグラウンドで起動する 必要がありました。

gunicornのバックグラウンド実行に関する記事が少なかったですが、やり方は簡単です。

# 「-D」のオプションを付けるだけ!

$ gunicorn owntime.wsgi -D

これで無事、バックグラウンドで実行されます!

プロセスをkillするときは、

$ ps aux | grep gunicorn

# => プロセスidを調べる

$ kill {プロセスid}

これで、バックグラウンド実行したプロセスを停止することができます。


おまけ

今回紹介したgunicornを使って開発しているのが、Owntimeです

毎日の時間の使い方を記録して、分析して、理想な時間の使い方に近づけるサポートをするサービスです。

ぜひ、一度使ってみてください!