AppStore
iOS8
AppPreview
FinalCutProX

Final Cut Pro Xを使って簡単にApp Previews(ビデオプレビュー)を作る方法

More than 3 years have passed since last update.

※ この記事はAppleが公開したドキュメントFinal Cut Pro X Guide for Creating App Previewsに基づくものです。

※ Final Cut Pro Xは30日間無料でお試しもできます。こちらから。

iPhone 6, 6 Plusのサイズが追記されたので追記 (9/25/2014)


はじめに

Final Cut Pro XですごいApp Previewが作れますよ。まずQuickTime Playerを使ってiOS端末から画面キャプチャを録画します。次に、Final Cut Pro Xを使ってその録画を編集したり、タイトルやトランジションやサウンドを付けます。

App PreviewsについてのApp StoreガイドラインについてはApp Previewウェブサイトをご確認ください。


  • システム要件


    • iOS 8のiOS端末

    • OX X YosemiteのMac

    • version 10.1.3以降のFinal Cut Pro X




QuickTime Playerを使って画面を録画する


  1. iOS端末をライトニングケーブルを使ってMacに接続します

  2. QuickTime Playerを開きます


  3. File > New Movie Recordingを選びます

  4. 録画ボタンの右にあるプルダウンからCameraとMicrophoneとしてiOS端末を選びます(QualityはHighでよいと思われる)

  5. 録画ボタンを押すと録画が開始されます


Final Cut Pro Xを使ってApp Previewを作る


  • 録画した画面キャプチャをインポートする


    1. 新しいライブラリをFile > New > Libraryから作る


    2. File > Import > Mediaからビデオをインポートする

    3. ウィンドウから録画した画面キャプチャファイルを選ぶ




  • App Previewプロジェクトを作成する



    1. File > New > ProjectからNew Projectを作る

    2. 適当な名前をつけ、Video PropertiesはCustomを選択する

    3. FormatはプルダウンからCustomを選択する

    4. 解像度は画面キャプチャに合わせて以下のとおり設定する

    5. Rateは30pに変更する

    Device
    Portrait
    Landscape

    iPhone 6
    750 x 1334
    1334 x 750

    iPhone 6 Plus
    1080 x 1920
    1920 x 1080

    iPhone 5s, 5c, iPod touch 5th generation
    640 x 1136
    1136 x 640

    iPad Air, 4th generation, iPad mini with Retina display
    900 x 1200
    1200 x 900


  • クリップを加える ←使わなかった


  • タイトルを加える ←使わなかった



  • トランジションを加える


    • 中央のツールバーからTransitions Browserボタン(♫の右)を押す

    • 使いたいtransitionをタイムラインのクリップ前後にドラッグする

    • transitionアイコンの端をドラッグすることで長さを調整する




  • サウンドを加える


    • 中央のツールバーから♫ボタンを押す

    • ライブラリから好きなオーディオファイルを選ぶ

    • ファイルを直接タイムラインにドラッグし、ビデオの適切な位置に並べる



  • ヴォイスオーバーを録音する ←使わなかった



  • エクスポートする



    • File > Share > Master Fileを選ぶ

    • Infoタブでタグが付けられるが、適当に(Gocco / FireTruck / AppPreviewとか)。たぶん要らない。

    • Settingsタブをクリックし、ビデオコーデックがH.264であることを確かめる

    • SettingsタブでInclude chapter markersのチェックは念のため外しておく

    • Nextボタンを押し、App Previewを保存する場所を選ぶ




まとめ


  • 動画初心者でしたが、これに基づいてそれっぽいものはできました(基本的にUIキャプチャから構成すべきもので、プロモ動画ではありません)

  • iPhone用, iPad用(対応している場合)それぞれが必要です

  • アプリ内課金でのみ利用可能なフィーチャーはその旨明記すべしなど、注意が必要です

  • (9/25/2014追記)iPhone 6, 6 Plusのサイズを追記しました。iPhone 5用に作った動画がiPhone 6, 6 Plusでも再生できることは確認していますが、例えばiPhone 6 Plus用に作った動画がiPhone 5で再生されるかは不明です。


参考