Help us understand the problem. What is going on with this article?

Hyper-V上にNAS構築・データ移行のすすめ。

More than 3 years have passed since last update.

きっかけ

仮想マシンサーバとして24時間起動させているPCがあったんですが、ディスクもCPUも使用率が低く、遊ばせておくのも勿体ないのでバックアップサーバーも兼用させてみました。
まぁ、今までもバックアップを保存していたんですが、以下のような問題を色々と抱えていました。。。
・HDDの電源が切れると再起動するまで見えなくなる(HDD見失い病と言うらしい・・・)
・常時電源ONにする設定がWindowsの更新でたまに消える
・ディスクの利用効率が悪い
見えなくなってデータが消えるのが一番怖いので、とりあえず耐障害性のあるRAID5とかRAID6にしたかったんですが、一気に同じ容量のHDD買うなんて無理です。

そこで気になるのが「Beyond RAID」とか「Synology Hybrid RAID」。異なる容量のHDDを上手いこと組み合わせ、RAID5やRAID6相当の信頼性で動作するとの事。

でもめっちゃ高い。。。

というわけで調べてみたら、Linuxであれば簡単に似たようなことが出来るという事のようです。

効果

仕組みとしては、パーティションを区切ってソフトウェアRAIDを構築し、LVMで束ねるという事でした。
やり方や詳細な仕組みは参考元だけで充分だと思うので、結論だけでいうと、
・容量の異なるHDD(2~4[TB]x6つ)でRAID5相当のNASを構築できた。
・LVMでパーティションを1つに出来たのでディスクの利用効率が上がった。
・Hyper-VのHDDパススルー接続機能で仮想→物理サーバー化出来る(かも)
・めっちゃ早い! (完全に想定外!)

はまった点

  • partedでファイルシステムをext4に変更すると上手くフォーマットされない →デフォルト(ext2)のままだと上手くいく模様。
  • ネットワークが不安定 →クライアントHyper-Vが有効な状態で、VirutalBoxのクライアントPCを作成・起動していたから? →ホストOSとNICを共有していたから? 念のためUSBのNICを追加し、Hyper-Vのクライアント専用と設定。
  • Windows10 Build 10586にアップデートしたら起動しない →アップデートで権限の設定が初期化された模様。Hyper-Vマネージャ上で物理HDDを削除・再度追加で解決。
  • RAID5のくせに性能が出ない(ホストから仮想マシンへのファイルコピーで書き込みが80~120[MB/s]くらい) →当初「Hyper-V上の仮想マシンなのでやむなし?」と思っていたが、NICがボトルネックだった。

何故Hyper-Vか

はまった点の最後ですが、「RAID5のなのにちょっと遅いなぁ~」とか「ホストPCー別の物理PC間だともう少し早いからネットワークじゃないしなぁ~」とか思ってたらネットワークでした・・・
Hyper-Vだと内部ネットワークのリンク速度が10Gbpsなので、それなりの速度でアクセス出来るようになるみたいです。
参考までにベンチマーク結果を乗せておきます。

  • 一番最近買った4[TB]のHDD(WDのgreen?)
    L.PNG

  • USBのNIC経由でネットワークドライブを設定
    F.PNG

  • 内部ネットワークの仮想NIC経由でネットワークドライブを設定
    F2.PNG

というわけで、HDD6つくらい使えばSSD位の速度でアクセス出来るので、Hyper-Vを使うのがお勧めです。

参考元

具体的な手順や仕組みは以下のサイトを参考としてください。
mdadm と LVM で作る、全手動 BeyondRAID もどき

kota_na_
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away