Rails

SaasのR&DプロジェクトPMが、本業が忙しいときに敢えてRailsに触れてみた

Ruby on Railsを導入したくなった

時は2018年2月。
巷では猫も杓子もrailsという噂※を聞いたので、
そんならいっちょやってみるかと(職場の)自分のパソコンに導入してみた。

本記事はその所感と解説である。

※リンク先では一番人気の言語ではないですね。
 ちなみにここもRailsという話です。無料利用もできますので、気になる方は是非(宣伝)

環境

  • Windows10

やったこと

  • ここを見てruby + railsをインストール
  • あとここも見た。上より分かりやすいかも。
  • 下記Rails Tutorialの実施

Rails Tutorialの実施

書籍化している内容をWEBで無料公開しているRails Tutorial
下記の内容が含まれています。

  • Railsのインストール手順
  • もちろんRailsの使い方が満載! Hello,worldからルーティング、他多数
  • コマンド一発でDB、画面UI、アクセス可能ページが作成できるScaffoldオプション
  • AWS Cloud9 クラウド上のIDE。Tutorialの開発は全てこれを使います。
  • Bitbucket 個人利用であれば無料かつソース非公開で利用できるGit管理サービス。ちなみに有名なGithubはソース公開必須(無料利用)なので、使い分けができます。
  • テスト駆動開発(TDD) まず(単体)テストありきという思想。実装前にテストモジュールを作成しFALSEを得、実装後にTRUEを得ることを一連の流れとしている。またRuby拡張機能により既存テストモジュールの一括自動実施が可能なので、デグレが防止できます。あくまで単体レベルですが。
  • またRails tutorialはRaisのバージョンアップごとに改訂が行われるため、いつでも新鮮な内容が保たれている

私は4章途中までしかできていませんが…(全12章くらい)

Railsってどんな書き方するの?

ImagesController.rb
class ImagesController < ApplicationController
  def index
    page = Mechanize.new.get "https://www.google.co.jp/search?q=#{params[:q]}&tbm=isch"
    image_path = page.at('img').get_attribute :src
    render json: { image_path: image_path }
  end
end

CodeZineから引用

結論

Rails楽しい
新しい技術、言語って素晴らしい。
次は何を学ぼうか。