Posted at

UbuntuでAngular Gridが使えるようになるまで


最初にUbuntuのバージョンを確認

まずは自分が使っているUbuntuのバージョンを確認。

$ cat /etc/os-release

NAME="Ubuntu"
VERSION="18.04.2 LTS (Bionic Beaver)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 18.04.2 LTS"
VERSION_ID="18.04"
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
VERSION_CODENAME=bionic
UBUNTU_CODENAME=bionic


Node.jsをインストール

$sudo apt update

$sudo apt install nodejs
$sudo apt install npm


Angular GridのGetting Startに従う

Angular Gridの公式サイトを参考に進める。公式の例だとsudoが付いてなかったりするので、必要に応じてsudo追加。


Anglar CLIのインストール

$sudo install -g @angular/cli

$ng new my-app --style scss --routing false
$cd my-app
$ng serve

これでlocalhost:4200にアクセスすると、こんな画面が表示される

Screenshot from 2019-04-14 15-44-07.png


ag-gridのインストール

直前のng serveコマンドが実行状態になるので、新たなコンソールを起動しmy-appディレクトリにて下記を実行。

$npm install --save ag-grid-community ag-grid-angular

$npm install

とりあえずここまでで環境はOKなハズ。