Edited at

TFTPコマンドでYAMAHAルータの設定ファイル取得・書き換え、ファームUP


はじめに

YAMAHAルータ(RTシリーズ)の設定ファイル取得・書き換え、ファームのUPについて、配布されているRT-Tftp Clientを使う方法もありますが、シンプルにコンソールからTFTPコマンドでやる場合のメモを。

※RTX1200で動作確認しています。


事前の準備

ルータに対して、TFTPアクセスの許可設定をしておく。ルータに入って設定。

特定のIPからのみ接続可能にする場合は以下。

tftp host 接続するマシンのIPアドレス

接続元を特に縛らない場合は以下。

tftp host any

ちなみに、TFTP接続不可にするときは以下。

tftp host none


設定ファイルの取得


使用中のコンフィグ番号の確認

ルータに入った上で、以下実行。

#show environment

(中略)
Default firmware: exec0 Default config. file: config0  ←ここを確認しておく

この場合は「config0」


ファイル取得

自マシンのコンソールから、以下実行。

$tftp {YAMAHAルータのIP}

tftp>get {設定ファイル名}/{管理者パスワード} {保存時のファイル名}
tftp> quit

例)

tftp>get config0/password config.txt


設定ファイルの書き換え


事前の準備

設定内容をガッサリ入れ替える場合は、ルータに送り込む設定ファイルの先頭に

clear configuration(+改行)を入れ、一番最後にsave(+改行)を入れておく。


ファイルのアップロード

自マシンのコンソールから、以下実行。

$tftp {YAMAHAルータのIP}

tftp>put {設定ファイル名} config/{管理者パスワード}
tftp> quit

※書き換えするのでちょっと待つ


ファームウェアの書き換え

以下から*****.binをダウンロード。

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/firmware/index.php


現在のリビジョンを最初に確認

ルータに入った上で、以下実行。

#show environment

(中略)
RTX1200 Rev.10.01.75 (Fri Feb 16 13:38:37 2018)  ←この辺を確認しておく

この場合は「Rev.10.01.75」


書き換え

自マシンのコンソールから、以下実行。

$tftp {YAMAHAルータのIP}

tftp>put {ファームファイル名} exec
tftp> quit

※パスワードはいらない

※書き換えと自動再起動するのでちょっと待つ


書き換え後のリビジョンを確認

ルータに入った上で、以下実行。

#show environment

書き換えたファームのリビジョンに変わっていることを確認。


余談

緊急時とかにconfig.txtを入れたSDカードをルータ本体に挿して、設定ファイルの書き換え(書き戻し)をしてたのですけど、サーバラック内の配置を変えたことで、SDカードスロットに手が届かなくなってしまったので、TFTPコマンドでやる方法を調べました…!