Help us understand the problem. What is going on with this article?

ローカルでgitを使用した後、gitHubに登録する方法

More than 5 years have passed since last update.

開発当初はローカル環境でgitを使っていたが、
途中からgitHubにpushする際の手順を説明します。

gitHubにアクセスし、新規リポジトリを作成する


https://github.com/
screenshot-github.com 2014-09-09 11-54-35.png
screenshot-github.com 2014-09-09 15-27-31.png

1、リポジトリ名入力
2、Public選択(有料アカウントならPrivateも選択可能)
3、Create repositoryをクリックしてリポジトリを作成する。

リモートリポジトリを登録する


screenshot-github.com 2014-09-10 10-14-41.png

新規リポジトリ作成後に表示される上記画面の1の内容をコピーし、
以下の内容をターミナルに入力する。

git remote add origin 上記画面でコピーした内容

例)

git remote add origin git@github.com:your-account/repository-name.git

上記コマンドによってoriginという名前(識別子)で
git@github.com:your-account/repository-name.gitのリモートリポジトリを指すようになります。

ローカルの内容をリモートリポジトリに送信する


ローカルのmasterブランチの内容を上記で登録したリモートリポジトリに送信します。
ローカルのブランチがmasterでない場合は下記のコマンドでmasterブランチに移動しておいてください。

git checkout master

下記のコマンドを入力してローカルの内容をリモートリポジトリに送信します。


git push -u origin master
`

To git@github.com:アカウント名/リポジトリ名.git
* [new branch] master -> master
Branch master set up to track remote branch master from origin.

というメッセージが表示されると成功です。
上記コマンドでリモートリポジトリにmasterという名前のブランチが作成され、
ローカルのmasterブランチの内容が送信されました。

master以外のブランチをリモートに送信するには以下のコマンドを入力します。
※ローカルのfeatureブランチをリモートのfeatureブランチに送信する場合。

git checkout feature
git push origin feature
``


Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした