Help us understand the problem. What is going on with this article?

treeコマンド

More than 5 years have passed since last update.

lsはカレントディレクトリのファイルを表示してくれますが、
カレントディレクトリ以下の階層も表示したい場合にtreeコマンドを使うと便利です。

インストール

まずはHomebrewからインストールします。

brew install tree

確認

インストールされていれば、下記のコマンドでtreeのバージョンが表示されます。

tree --version

実行

ターミナルで下記のコマンドを実行すると、カレントディレクトリ以下の階層が表示されます。

tree

オプション

ーL = 階層を指定する

treeコマンドだけではカレントディレクトリ以下、全てのディレクトリ/ファイルが表示されますが、
階層を指定することが出来ます。

tree -L 3

カレントディレクトリを含めて3階層下まで表示してくれます。

-P = ファイル名でフィルタリングする

-Pオプションを付けるとファイル名でフィルタリングして表示してくれます。
ファイル名の指定にはワイルドカードも使用できます。

tree -P 'index.html'
tree -P '*.js'

-I = 除外するファイル名を指定する

-Iオプションを付けると表示したくないファイル名を指定できます。
ファイル名の指定にはワイルドカードも使用できます。

tree -I 'index.html'
tree -I '*.js'

-d = ディレクトリのみ表示する

-dオプションを付けると、ディレクトリのみ表示してくれます。

tree -d
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした