OSX
homebrew

Homebrew の superenv

More than 5 years have passed since last update.

Homebrew 0.9.3 から、superenv という仕組みが導入されていた模様。上記 wiki ページにはだいたい以下のようなことが書かれている。


  • 実行時の環境変数 PATH は無視され、Homebrew によって再構築される


    • /usr/local/Library/ENV/4.3:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin




  • /usr/local/Library/ENV/4.3superbin と呼ばれる特別な bin パス



    • Formula からメソッドとして使用することができる

    • 環境によっては /usr/localbrew --prefix で読み替えること



  • ビルドに関係する環境変数を消す


  • superbin にあるコンパイラを使う


  • superbin の詳細は Library/Homebrew/superenv.rb を参照

  • コマンド実行時に --env=std オプションをつけることで superenv を回避可能

ニッチなツールをインストールするために自分で Formula を書くとか、だいぶ昔に書かれた野良 Formula を使うときとか、そういう時に影響がでそうな話。