Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
6
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Elasticsearchを使用してレシピ検索アプリ

Elasticsearchを使用してレシピ検索アプリを作りたかった

冷蔵庫に残っている食材から簡単にレシピを検索できるアプリがあったらいいな🤔
レシピ系のAPIでもいいけど条件たくさんだしElasticsearchを使って見たいな🤔

※イメージ
Untitled (1).png

1.食材を条件に追加し、検索!
2.条件をElasticsearchで検索!
3.結果を表示!(リンクを押すとレシピのサイトに遷移)

...まずはElasticsearchを使ってみないことには始まらない!

Elasticsearch とは

Elasticsearch は Elastic 社が開発しているオープンソース全文検索エンジン。
大量のドキュメントから目的の単語を含むドキュメントを高速に抽出することができる。

Elasticsearch はSQL文を使用せず、代わりに RESTful インターフェースを使って操作する。

Elasticsearch は検索をはじめ、各種設定やサーバの状態取得など、ほとんどの操作を API として提供している。
ドキュメントの追加・参照・更新・削除の API も提供しており、その仕様はとてもシンプルで直感的。

ドキュメントをあらわすURLスキーマ

/{index}/{type}/{id}

基本的には、各種ドキュメントのエンドポイントに対して、GET PUT POST DELETE HEADメソッドで追加・更新・削除などの操作が可能。

ElasticsearchではRDBとそれぞれの用語が異なる

Elasticsearch RDB
インデックス データベース
タイプ テーブル
フィールド カラム
ドキュメント レコード

とりあえずはローカル環境で動かしてみよう

ローカル環境構築

  • 使用バージョン
    • Elasticsearch 2.4.1
  • 任意のディレクトリで以下実施
curl -L -O https://download.elastic.co/elasticsearch/release/org/elasticsearch/distribution/tar/elasticsearch/2.4.1/elasticsearch-2.4.1.tar.gz
  • elasticsearch-2.4.1.tar.gzを解凍
tar -xvf elasticsearch-2.4.1.tar.gz
  • 解凍されたディレクトリの./bin配下で以下実施で起動
./elasticsearch

データの登録

本来であればバッチ等でAPIからレシピのJSONデータを取得して自動でElasticsearchにデータ登録していきたいが、今回はローカルなので勉強も兼ねて手動でデータ登録。

Index生成(データベース)

curl -XPUT 'localhost:9200/refrigerator'

Type作成

curl -XPUT 'http://localhost:9200/refrigerator/_mapping/recipe' -d '
{
    "properties" : {
      "recipeId" : {
        "type" : "long"
      },
      "recipeTitle" : {
        "type" : "string"
      },
      "recipeUrl" : {
        "type" : "string"
      },
      "foodImageUrl" : {
        "type" : "string"
      },
      "recipeDescription" : {
        "type" : "string"
      },
      "recipeMaterial" : {
        "type" : "string"
      }
    }
}

レシピレコード登録

楽天レシピAPIから取得したレシピを登録(データはマスクしています)

curl -XPUT 'localhost:9200/refrigerator/recipe/1?pretty' -d '
{
  "recipeId": xxxxxxxx,
  "recipeTitle": "ダーリンが気に入った♪我が家のポークケチャップ",
  "recipeUrl": "https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/xxxxxxx/",
  "foodImageUrl": "https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/xxxxxxx",
  "recipeDescription": "ダーリンが「美味しい」と喜んで食べてくれた、とっても簡単に出来るレシピです",
  "recipeMaterial": [
        "豚肉(こま切れ)",
        "たまねぎ",
        "ケチャップ",
        "三温糖",
        "ウスターソース"
  ]
}

"カラム", "データ"といった構成。
※直接構文を書くこともできるが、JSONファイルに内容記載してファイルを指定することも可能。
例)curl -XPUT 'http://[エンドポイント]/[Index名]/[Type名]/[Id]' -d 'JSONのデータ'

実際に検索してみる

curl -XPOST 'localhost:9200/refrigerator/recipe/_search?pretty' -d '
{
  "query": { "match": { "recipeMaterial": "たまねぎ 豚肉" } }
}

結果

{"took":29,"timed_out":false,"_shards":{"total":1,"successful":1,"failed":0},"hits":{"total":1,"max_score":0.84996772,"hits":[{"_index":"refrigerator","_type":"recipe","_score":0.14996772,"_source":
{
  "recipeId": xxxxxxxx,
  "recipeTitle": "ダーリンが気に入った♪我が家のポークケチャップ",
  "recipeUrl": "https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/xxxxxxx/",
  "foodImageUrl": "https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/xxxxxxx",
  "recipeDescription": "ダーリンが「美味しい」と喜んで食べてくれた、とっても簡単に出来るレシピです",
  "recipeMaterial": [
        "豚肉(こま切れ)",
        "たまねぎ",
        "ケチャップ",
        "三温糖",
        "ウスターソース"
  ]
}

Elasticsearchでは検索時のパフォーマンスも同時に表示してくれるよう。
max_scoreでは一致率を出してくれるため実際にアプリで使用するときはたくさん取れすぎると困るので、この項目を使用すれば高い検索結果が得られそう。

検索できた!

これをアプリ側からの条件を食わせてあげればレシピを検索してくれるはず

アプリ側の実装

言語はC#
データはElasticsearch

まずは画面を...

時間切れ
せっかくここまで来たので続きの開発の内容は随時更新していく

所管

RDBしか触ったことがなかったのでElasticsearchの汎用性の高さに驚いた。
また今回はローカル環境でデータ数も少しだったので実感できなかったがパフォーマンス面でも大量のデータを扱うときは便利そう。
Amazon Elasticsearch Serviceというのもあるらしいのでサーバ側で登録して見たい。
これを生かして冷蔵庫レシピアプリを是非とも開発したい。(料理全くしないんですけどね(小声))

参考記事

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
6
Help us understand the problem. What are the problem?