Help us understand the problem. What is going on with this article?

Espresso テストが BuildType release でエラーになる

More than 1 year has passed since last update.

概要

Espresso テストの BuildType を release に変えたらエラーになってしまったので、debug 以外で実行できる方法を調べた。

前提

Android Studio 3.1.4
Esporesso 3.0.2
BuildType : debug / release の2種類が存在

経緯

今さらながら既存のAndroidプロジェクトにEspressoを導入しようとしたが、
プロジェクトの都合上 BuildTypedebug ではなく release の方で動かしたかった。
debug の状態で問題なくテストが動いていることを確認したあと BuildTyperelease に変更したら、見事にテストクラスが真っ赤っかに。

対応内容

テストはデフォルトで debug に対して実行されるらしく、それ以外のビルドタイプで実行するには下記設定が必要とのこと。

引用元:https://developer.android.com/studio/build/gradle-tips?hl=ja

テストするビルドタイプの変更

デフォルトでは、すべてのテストは、デバッグ ビルドタイプに対して実行されます。対象を別>のビルドタイプに変更するには、モジュール レベルの build.gradle ファイル内で >testBuildType プロパティを使用します。たとえば、"staging" ビルドタイプに対してテ>ストを実行する場合は、次のスニペットのようにファイルを編集します。

ということなので、ここを release で設定してやるとエラーが全て消えて release でも実行ができるようになりました。

android {
    ...
    testBuildType "release"
}

注意

そもそも release でテストをするようには作られていないので、Run -> Recorder Espresso Test のテストレコーダーも動きませんでした。
下記のように File -> Project Structure -> Modules -> release -> Build TypeDebuggable true にしてやれば動くようになりますが、これは正しい使い方ではないので別のビルドタイプを用意するなどの必要がありそうです。

スクリーンショット 2018-11-29 14.01.50.png

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away