Edited at

PythonのRPi.GPIOでRaspberry Piの制御

More than 1 year has passed since last update.


きっかけ

Raspberry Piをいじくることになり、Pythonで書くことになったのですが、ライブラリの勉強をする必要が出てきたので、せっかくなら共有しようかと。。

Pythonが書ける人なら大丈夫だと思います。


環境


RPi.GPIO

PythonでRaspberry Piの制御するためのライブラリ。GPIOとはgeneral purpose input/output(汎用入出力)の事である。

Raspbianを開き、コンソールでRPi.GPIOが入っているか確認する。

$ pip list

存在しない場合、インストールする。

$ pip install RPi.GPIO


RPi.GPIOの使い方


ライブラリの利用

import RPi.GPIO as GPIO


GPIOの入出力の設定

GPIO.setup()


GPIO番号指定モードの設定


BroadcomプロセッサのGPIOピン番号での指定

プロセッサ: ソフトウェアに書かれた命令を実行するもの。処理装置。

今回のRaspberry Pi 3 Model Bでは、Broadcomプロセッサを利用しており、そのピンを指定して入出力の設定を行うことができる。

GPIO.setmode(GPIO.BCM) # GPIO設定


ボードのピン番号での指定

GPIO.setmode(GPIO.BOARD) # ボードピン番号


GPIOの入出力の設定


出力ピン設定

GPIO.setup(ピン番号, GPIO.OUT) #出力指定


入力ピン指定

GPIO.setup(ピン番号, GPIO.IN) #入力指定


入出力


出力

GPIO.output(ピン番号, 1) #出力 ここでは3.3Vにする

GPIO.output(ピン番号, 0) #出力 ここでは0Vにする 


入力

GPIO.input(ピン番号) #入力 この関数を呼ぶと値が返ってくるのでそれを処理する必要がある.

print GPIO.input(ピン番号)