概要

Firebaseのデータベースの一つ、CloudFirestoreを利用した時に利用できるデータ型を一覧にしました。

一覧

Left align Right align
ブール型 Bool
文字列 String
整数 Int
浮動小数点 Float
日付 NSDate
配列 Array
辞書型 Dictionary
Null値 nil

データ例 in Swift

let docData: [String: Any] = [
    "stringExample": "Hello world!", //String
    "booleanExample": true, // Bool
    "numberExample": 3.14159265, // Float
    "dateExample": NSDate(), //日付
    "arrayExample": [5, true, "hello"], //Array
    "nullExample": NSNull(), // nil
    "objectExample": [ 
        "a": 5,
        "b": [
            "nested": "foo"
        ]
    ] //dictionary
]

db.collection("data").document("one").setData(docData) { err in
    if let err = err {
        print("Error writing document: \(err)")
    } else {
        print("Document successfully written!")
    }
}

型が混同したフィールドがあるときの決定論的順序付け

  1. Null値 -> nil
  2. ブール型 -> bool
  3. 数値順に並べられた整数値と浮動少数点値 -> Int, Float
  4. 日付の値 -> NSDate
  5. テキスト文字列の値 -> String
  6. バイト値
  7. Cloud Firestoreの参照 -> String
  8. 地理的座標値
  9. 配列値
  10. マップ値

参考文献

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.