Help us understand the problem. What is going on with this article?

awscli-aliasesを設定してみた。

はじめに

今更ながら、aws-cliにalias機能が使えることを発見しました。
ちょっと設定してみたいと思います。

設定

まずはバージョンの確認です。
この機能を使うには1.11.24以上である必要があります。

$ aws --version
aws-cli/1.16.183 Python/3.6.2 Darwin/19.3.0 botocore/1.12.173

ということでgitリポジトリからクローンします。
これは、awslabs で用意してくれているaliasファイルなので、なくてもalias機能は使えますが、今回はこれを使って試したいと思います。

aliasファイルのクローン
$ git clone https://github.com/awslabs/awscli-aliases.git

次に、aliasファイルを配置するためのディレクトリを作成します。

ディレクトリ作成
$ mkdir ~/.aws/cli

作成したら先ほどクローンしたファイルを配置します。

aliasファイルの配置
$ cp awscli-aliases/alias ~/.aws/cli/alias

以上で完了です。
試しにalias登録されているものを実行してみます。

whoami
$ aws whoami
{
    "UserId": "AIDWJ0SDPRLPSAH7T34ZS",
    "Account": "777777777777",
    "Arn": "arn:aws:iam::777777777777:user/kohei"
}

これはaliasファイルを見ると実行したコマンドのaliasは以下になります。

alias
[toplevel]

whoami = sts get-caller-identity

では今度はaliasではなく、実際のawsコマンドを実行してみます。

$ aws sts get-caller-identity
{
    "UserId": "AIDWJ0SDPRLPSAH7T34ZS",
    "Account": "777777777777",
    "Arn": "arn:aws:iam::777777777777:user/kohei"
}

先ほどと同じ結果が返ってきました。

おわりに

普段はaliasなど使う必要はないかもしれませんが、頻繁に使うコマンドがあればそれを登録しておくととても便利です。
自分はsshのconfigファイルに記載するような感覚でセッションマネージャー経由でログインするインスタンスをaliasに登録しています。


[参考URL]
・awslabs/awscli-aliases
https://github.com/awslabs/awscli-aliases

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした