Help us understand the problem. What is going on with this article?

VDI環境を使ってみた

概要

VDI環境のAWS workspacesを業務で利用してみました。
ローカル端末と比較して、なかなか利点を感じましたので、その内容を共有します。

VDIとは

VDIとは

wikipedia wrote:
仮想デスクトップインフラストラクチャー (VDI:virtual desktop infrastructure もしくは virtual desktop interface) とは、仮想環境のためのハードウェアとソフトウェアを含むデスクトップ仮想化のためのサーバーシステムを指す

です。AWS workspacesに特化した書き方をすると、クラウド上であがってるOSにリモートデスクトップしてる環境になります。

ここが良き

  • 複数端末から同じ環境を利用できる(業務上、4か所から使用しておりておても便利)
  • 作業中の状態のまま切断、再開できる
  • キッティング済みの状態でテンプレートを作成し配布できる
  • ID,PWを伝えれば環境を他者と共有できる(物理的に離れている開発メンバーの環境のメンテナンスがしやすい)
  • 開発環境構築に邪魔なプロキシがいない
  • 端末に情報を残さない
  • マルチディスプレイに対応
  • ディスク、CPU、メモリの変更が可能
  • 料金が月額固定と変動(基本+時間単価)と柔軟

ここはわろし

  • AWSに障害が起きると何もできなくなる
  • FW内からの利用時には、TCPとUDPのポートをあける必要あり(参考
  • ずっと(何日も)つなげてると入力が遅延しまくる
  • 接続ソフトのアップデートがうまくいかない

  • 社内のサーバーとの接続も可らしい
  • 専用ソフトから接続する
  • ブラウザアプリからの接続も可能
  • クライアント証明書認証も可

妄想そう

  • 開発メンバーが数か月で増減するような現場では非常に有効そう
  • ローカル側をゼロクライアントにすればコストも圧縮できそう
  • 個人の環境をクラウド化したらPCの買い替えから解放されるのだろうか
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away