Help us understand the problem. What is going on with this article?

Knowledge・Qiita用マークダウン記法 チートシート

自分用メモです。
今後も随時追記していきます。

目次

■レイアウト
見出し
リスト
番号付きリスト
■装飾
強調(太字)
強調(斜体)
取り消し線
コードのインライン表示
引用
■挿入
リンク
ページ内リンク
水平線
コード
Markdownのエスケープ
■テーブル
テーブル

見出し

見出し h1

見出し h2

見出し h3

見出し h4

見出し h5
見出し h6
# 見出し h1
## 見出し h2
### 見出し h3
#### 見出し h4
##### 見出し h5
###### 見出し h6

リスト

  • リスト
  • リスト
    • リスト
- リスト
- リスト
    - リスト

番号付きリスト

  1. 番号付きリスト
  2. 番号付きリスト
    1. 番号付きリスト
1. 番号付きリスト
2. 番号付きリスト
    1. 番号付きリスト

強調(太字)

text

**text**

強調(斜体)

text

*text*

取り消し線

text

~~text~~

コードのインライン表示

これはcodeです。

これは`code`です。

引用

text

text

> text
>> text

リンク

これはQiitaへのリンクです

[これはQiitaへのリンクです](https://qiita.com/)

ページ内リンク

これは「目次」へのページ内リンクです

[これは「目次」へのページ内リンクです](#目次)

「#」+リンク先の要素ID で指定。
Qiitaではリンク先のラベル名でOK。
Knowledgeの場合、要素IDは同一マークダウン記法の数によって可変なので、指定時にデベロッパーツールで確認すること。
見出しへのリンクの場合、idは「#markdown-agenda-1」のようになる。

水平線


---

コード

var tmp = "あいうえお";
print(tmp)

コードの上下をバッククォート3つ(```)で囲う。
はじめのバッククォートに続けて言語を指定することで、シンタックスハイライトをつけることができる。

マークダウンの記号をエスケープする(通常の文字列として認識させる)

バックスラッシュ(\)

テーブル

Left align Right align Center align
テスト1 テスト2 テスト3
12345 12345 12345
abcde abcde abcde
| Left align | Right align | Center align |
|:---|---:|:---:|
| テスト1 | テスト2 | テスト3 |
| 12345 | 12345 | 12345 |
| abcde | abcde | abcde |
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした