Help us understand the problem. What is going on with this article?

シェルを良い感じにした話

More than 1 year has passed since last update.

自己紹介

じゅんじゅんと言うニックネームで、関西を拠点に活動しているフロントエンドエンジニアです。

HAL大阪3回生です。(2017/12/08現在)

イベントや、勉強会に参加してるので是非お会いした際はお声掛けください!

シェルを良い感じにカスタマイズしました。

Gashoo https://gashoo.jp のアドベントカレンダー https://adventar.org/calendars/2518 でシェルをやるのはどうかなと思ったんですが大目に見てください。笑

最近自分のターミナルを改造しまくって良い感じに進化したので、公開したいと思います。

ちなみに、fishを使っています。

スクリーンショット 2017-12-03 10.21.38.png

まずやったこと

itermのカラースキームを変えました!

itermのカラースキームをoceanic-next

というものに変えました。すげぇエモい。

次にpecoと似たもののfzfを導入しました。

https://github.com/junegunn/fzf

fzfによって標準出力したものをパイプで渡したりすると良い感じに選択できるようになります。

screen.gif

次に導入したのがghqです。

https://github.com/motemen/ghq

ghqはプロジェクト管理ツールです。

これで管理しておくと、$ ghq listなどでプロジェクト一覧などを取得することができます。

このghqを使うことにより階層構造で管理するのに何も考えずにプロジェクトの管理ができるようになりました。

screen.gif

あとはこの出力をfzfで拾って、帰ってくるものを$ ghq lookに渡すとプロジェクトに一発で移動することができます。

僕はfcというコマンドをつくって移動しています。

screen.gif

このghqですが、僕は時々Goを書いているのでGOPATHをどうするか問題にぶち当たりました。

そこで先輩の意見などをきいて結局.ghq自体をGOPATHにすることで全てのプロジェクトを管理できるのでその方法で行いました。(なので.ghq/src/github.com/konojunyaのようなパスになっています。)

最後に行ったのが、hubの導入です。

https://github.com/github/hub

hubコマンドを使えるようになると、コマンドラインでhub create xxxとするとリポジトリを作れたり、ブラウザのページを一発で開けたり、PR送ったりissueを立てたりできるようです。

そのやり方はこんな記事があったのでそこを参照してもらえると嬉しいです。

hub で GitHub にターミナルから issue、PR を作成する

まとめ

  • oceanic-nextにする
  • fzfを導入する
  • ghqを導入する
  • hubを導入する

他にもこんな便利なものがあるよってものがあったら教えて下さい!!!

あとがき

Twitter @konojunya でTwitterしているのでぜひフォローください!

iotlt
IoT縛りの勉強会です。 毎月イベントを実施しているので是非遊びに来てください! 登壇者を中心にQiitaでも情報発信していきます。 https://iotlt.connpass.com
https://iotlt.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした