Help us understand the problem. What is going on with this article?

AcitiveRecordで特定のバリデーションのエラーが発生しているかどうか判定する

概要

ActiveRecordを継承したモデルでバリデーションエラーを発生させた際に、特定のバリデーションに反応したのか判定する

どういうときに使うかと言うと、具体的な例を挙げると、valid?とかsave際にある属性の空文字チェックでエラーになっているかどうかというようなことを調べる

前提条件

Rails: 5.2
Ruby: 2.5.1

本題

サンプルのユーザテーブルの定義

create_table :users do |t|
  t.string :name
  t.timestamps
end

ユーザモデルの定義

nameの空文字チェックのバリエーションがある

class User < ApplicationRecord
  validates :name, presence: true
end

まずはインスタンス化してバリデーションチェック

> u = User.new
=> #<User id: nil, name: nil, created_at: nil, updated_at: nil>
> u.valid?
=> false

エラーを確認すると、デフォルトの空文字のエラーメッセージが表示されるのがわかる

> u.errors.full_messages
=> ["Name can't be blank"]

added?メソッドを使うと特定の属性のどのバリデーションエラーが起こったかどうか調べることができる(本投稿のコメント欄より)

# 引数には属性名のシンボルとバリデーションエラーの種類を指定してあげる
> u.errors.added?(:name, :blank)
=> true


# 2つ目の引数を指定しないとデフォルト値が 2つ目の引数は:invalidなので注意が必要
> u.errors.added?(:name)
=> false

[おまけ]バリデーションエラーの詳細を取得する

エラーの一覧が欲しい場合は、errors.detailsを実行すると、どの要素のどのバリデーションのエラー内容 :blankがあることがわかる

> u.errors.details
=> {:name=>[{:error=>:blank}]}

# シンボルを指定してあげるとオブジェクトの配列を返す
u.errors.details[:name]
=> [{:error=>:blank}]

# 適当なシンボルを入れると空の配列を返す
> u.errors.details[:name_xxxx]
=> []

このようにdetailsからシンボルを指定してその返す配列の中に特定のシンボル:blankの存在をチェックすれば
added?のように特定のバリデーションに反応したのかどうか判定することもできる

> u.errors.details[:name].any? { |d| d[:error] == :blank }
=> true
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away