Edited at

ZabbixでSmokepingのようにLatencyを測定する

More than 5 years have passed since last update.

ネットワークのLatency測定を仕掛けておくためにSmokepingではなくZabbixを使用したのでメモ。いつもはブログに書いていますが、QiitaにZabbixの投稿が少ないのを見てこちらに書いてみます。


経緯

SmokePingもいいのですが、以下の内容からやはりZabbixで。

・監視ツールが増えて管理画面を複数開くのが面倒。きっと見なくなる。

・Zabbix API使って実現していることをそのまま使いたい。


やりたい事

・パケットサイズを環境に合わせて応答時間を測定

・任意の間隔、パケット数で測定

・複数パケットを送信した場合、最大値/平均値/最小値も表示

・グラフを見た時に中央値をすぐに把握したい

・グラフは見やすい方がよい


Zabbixの設定

以下の3つのシンプルチェックを使用

・icmppingsec

・icmppingloss

・net.tcp.service.perf

シンプルチェックの使用例:

icmppingsec

icmppingsec[,5,,1000,]
icmppingsec[,5,1000,80,500]

net.tcp.service[ftp,,155]

net.tcp.service[http]
net.tcp.service.perf[http,,8080]


グラフ画像

・ネットワークレイテンシー(応答時間)

Ping-graph.JPG

LargeとShortでパケットサイズを変えて応答時間を測定しています。

中央値はLargeとShort混ざって取っているので、グラフを分けた方がその点では良さそうです。

・HTTPレスポンス(応答時間)

http-grarh.JPG

ここでは単純にYahooへアクセスして計測しています。


最後に

テンプレートをGithubにアップしましたのでご自由にご使用ください。

間隔やパケットサイズなどアイテムの設定値を適宜修正して、ホストにテンプレートを適用してください。

https://github.com/komeiy/Smokeping_Zabbix

あくまでも個人の範囲での提供のため、ご使用は自己責任でお願いします。

twitter,blog等はプロフィールからお願いします。