Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure新ポータルのサイト間VPNをYAMAHA RTXで接続する場合

More than 3 years have passed since last update.

Azure新ポータルのサイト間VPNをYAMAHA RTXで接続する場合、サイト間接続(S2S)ではRouteBasedの設定が必要になる。

YAMAHAが公開している資料は古く、RouteBasedでない。
Microsoftが公開している「検証済みの VPN デバイスとデバイス構成ガイド」にはYAMAHA RTXは載っていない。
ネット上で見つかる設定例は、情報が古く、RouteBasedでないか、あっても内容があやしかったり、変なことをしていたりするので、あまり当てにならない。

設定のポイントは以下の通り

  • RouteBased の場合 IKEv2 を使用する。
  • RTX は IKEv2 に対応したできるだけ新しいファームウエアを使用する。
  • Azure では SA の ライフタイムは 27000 秒である。 SA のライフタイムは IKEv2 ではネゴシエーションされないので、RTX 側で 27000 秒以内に SA の更新がかかるように ipsec ike duration を設定する。

設定のサンプル

tunnel select 10
 ipsec tunnel 10
  ipsec sa policy 10 10 esp anti-replay-check=off
  ipsec ike version 10 2
  ipsec ike duration ipsec-sa 10 27000
  ipsec ike duration ike-sa 10 27000
  ipsec ike keepalive use 10 on dpd
  ipsec ike local name 10 <my-ip-address> ipv4-addr
  ipsec ike nat-traversal 10 on
  ipsec ike payload type 10 2 2
  ipsec ike pre-shared-key 10 text deadbeaf
  ipsec ike remote name 10 <azure-public-ip> ipv4-addr

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away