Posted at

OSX El Capitanにopenssl-1.0.2lをインストールしてPythonの_ssl.soも更新する

More than 1 year has passed since last update.

OSX El Capitan に openssl-1.0.2l をインストールした記録。

内容は OSX Yosemite に openssl-1.0.2f をインストールしてPythonの_ssl.soも更新すると同じ。

OSX El Capitan の OpenSSL は 0.9.8 系なのだが、2015年12月31日でサポートが終了している。

OS X El Capitan のリリースが2015年9月30日で、その年の末にはEOLになる OpenSSL 0.9.8zh をバンドルしてくるのはどうなんだろう。

ちなみに、OS X El Capitan の openssl は version コマンドに対して

$ /usr/bin/openssl version

OpenSSL 0.9.8zh 14 Jan 2016

という出力を返す。配布されている OpenSSL 0.9.8zh は OpenSSL 0.9.8zh 14 Jan 2016 という出力を返すので、なにか手はいれてあるらしい。

openssl-1.0.2l のビルド

32bit 版と 64bit 版を二度に分けてビルドし lipo で Univesal Binary にする。

コンパイルオプションで -arch x86_64 -xarch i386 で multilib にできるかと思ったら、コンパイルでラーがでるためこのような方法をとっている。

$ ./Configure shared darwin64-x86_64-cc

$ make

テスト

$ make test

エラーがでていなければOK

インストール

デフォルトの /usr/local/ssl にインストールされる。

$ sudo make install

$ cd /usr/local/ssl

$ sudo mkdir bin64
$ sudo sh -c 'cd bin && find . -print | cpio -pdmu ../bin64'
$ sudo mkdir lib64
$ sudo sh -c 'cd lib && find . -print | cpio -pdmu ../lib64'

ソースツリーに戻って 32bit 版をビルド

$ make clean

$ ./Configure shared darwin-i386-cc
$ make

インストール

ドキュメントは不要なので make install_sw を実行する。

$ sudo make install_sw

$ cd /usr/local/ssl

$ sudo mkdir bin32
$ sudo sh -c 'cd bin && find . -print | cpio -pdmu ../bin32'
$ sudo mkdir lib32
$ sudo sh -c 'cd lib && find . -print | cpio -pdmu ../lib32'

lipo で Univesal Binary を作成する。

$ cd /usr/local/ssl

$ sudo lipo -create bin{32,64}/openssl -output bin/openssl
$ sudo lipo -create lib{32,64}/libcrypto.a -output lib/libcrypto.a
$ sudo lipo -create lib{32,64}/libssl.a -output lib/libssl.a
$ find lib64 -type f -name '*.dylib' | while read file ; do echo lipo -create $(echo "$file" | sed 's/64/{32,64}/') -output $(echo "$file" | sed 's/64//'); done | sudo sh
$ sudo rm -r bin{32,64} lib{32,64}

今後プログラムをビルドするときに/usr/local/ssl にある openssl を使うようにすれば、1.0.2 系の openssl がリンクされる。

python の SSL ライブラリを更新しておく。

開発環境が xcode-select --install されていないと、configure でヘッダが見つからずエラーになるので注意。

$ sudo xcode-select --install

Password:
xcode-select: note: install requested for command line developer tools

https://www.python.org/downloads/release/python-2710/ からソースファイルを取得する。

tar xfz Python-2.7.10.tgz

cd Python-2.7.10

CC=cc \

CPPFLAGS=-I/usr/local/ssl/include \
LDFLAGS='-L/usr/local/ssl/lib -Wl,-rpath,/usr/local/ssl/lib' \
./configure --enable-framework --enable-universalsdk --with-universal-archs=intel

$ make

じつは、欲しいのは _ssl.so だけ。

$ find . -name _ssl.so

./build/lib.macosx-10.5-intel-2.7/_ssl.so

python で import ssl したときに、この _ssl.so がロードされるようすればよい。

$ sudo mkdir /Library/Python/2.7/lib-dynload

$ sudo cp build/lib.macosx-10.5-intel-2.7/_ssl.so /Library/Python/2.7/lib-dynload

このような sitecustomize.py を作成して、/Library/Python/2.7/lib-dynload を検索パスに追加する。


/Library/Python/2.7/site-packages/sitecustomize.py

import sys

sys.path.insert(0, '/Library/Python/2.7/lib-dynload')

動作確認。

$ python

>>> import ssl
>>> ssl.OPENSSL_VERSION
'OpenSSL 1.0.2l 25 May 2017'