Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi3 のシリアルコンソールで通信速度が合わない

More than 3 years have passed since last update.

Raspberry Pi3 でシリアルコンソールを使おうとすると、bps をどのように設定しても速度が合わず、文字化けの嵐になります。

Raspberry Pi 3 UART baud rate workaround で詳しい解説がされているので、詳細はこちらを読んでもらえればよいのですが、結論から述べると、config.txt

core_freq=250

を追加することで、問題は解消します。

Raspberry Pi 3 UART baud rate workaround に書かれていることの要旨だけ挙げておきます。

Raspberry Pi 3 になって、Bluetooth のサポートのために、GPIO の UART の割り当てが変更され、uart1 を使うようになった。
uart0 は Bluetooth が使うようになっている。
uart0 はコアクロックに影響されないが、uart1 の速度はコアクロックに依存する。
コアクロックが変わるとシリアルの通信速度も変わる。
回避策として、コアクロックを 250MHz に設定する、つまり /boot/config.txtcore_freq=250 を指定することで、適切な速度が設定される。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away