Help us understand the problem. What is going on with this article?

ティラノスクリプトのglink選択肢ボタンにキーをマッピング

今作ってるノベルゲームは、選択肢が常に二択になってます。
以下のように。

image.png

それで
『←』キーで左を選択、
『→』キーで右を選択
にしたかったです。

でもボタンがglinkタグで作られていて、キーボードでの操作ができなかったです。
(linkタグだったら基本的にキーボードでの操作ができます)
でもこのゲームもキーボードだけでプレイできるようにしたかったんです。

それで、簡単なトリックを見つけました。
選択肢は以下のように、glink タグで作ってます。

[glink name="choose_btn_a" x=200 y=300 width="300" height="100" ……
[glink name="choose_btn_b" x=680 y=300 width="300" height="100" ……

ボタンのnameタグに固有の値を割り当てます。
左の選択肢にはchoose_btn_aという値を、
右の選択肢にはchoose_btn_bを。

そしてそれをライダーでボタンを分析してみたら、glinkボタンは以下のようなhtmlタグに変換されてました。

<div class=“button_graphic event-setting-element” data-event-tag=“glink" data-event-pm="...

name に指定した値は、classの中に入るんです。
jqueryで操作が可能って事です。
あとはキーを割り当てるだけ。

KeyConfig.jsファイルを開きます。
そこで方向キーの割当ができます。

  • KeyConfig.js
KeyConfig.js
        "37" : function(){
            try{
                $(".choose_btn_a").click();
            }catch(e){
                console.log(e.message);
            }
        },
        "39" : function(){
            try{
                $(".choose_btn_b").click();
            }catch(e){
                console.log(e.message);
            }
        },

37が『←』キー、
39が『→』キーです。
そのキーを押すとjqueryでそれぞれのglinkにマウスクリックイベントを発生させるわけです。
以上です。簡単です。

でももし後でティラノスクリプトのバージョンアップによりglinkのnameタグの実装が変わったら、このjqueryは動かなくなるかも知れませんから、一応try-catchで防御しました。
(ちなみに僕が使ってるティラノスクリプトはv480fです)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした