Help us understand the problem. What is going on with this article?

お名前.comで取得したドメインでGmailからメール送信する

More than 1 year has passed since last update.

お名前.comで取得したドメインを使って、Gmailから独自ドメインでメールを送る方法を解説します。なお、この方法では「Gmailで送信」はできますが「Gmailで受信」ができるようになるとは限りません。

※ 取得したドメインの名前解決を委任する権威ネームサーバを01.dnsv.jp, 02.dnsv.jp, 03.dnsv.jp, 04.dnsv.jp にするのであれば、下記の「メール転送設定」によってGmailでメール受信できます。しかし、他のメールサーバを使用する場合は受信できなくなるので要注意です。

受信の方法は別の記事でご紹介します。

1. ドメインの取得

お名前.comで任意のドメインを取ってください。

2. メール転送設定

お名前.com Naviでメール転送の設定をします。

1. 右上の「オプション設定」のタブをクリック
2. 画面中段の「メール転送設定」をクリック
ss 2018-06-24 23.57.31.png

3. 該当ドメインをクリック
4. 転送元メールアドレスに任意の文字列を入力(★これがあなたの新しいメールアドレスになります)
5. 転送先メールアドレスにあなたが受信できる任意のメールアドレスを入力(GmailやYahoo mailなど、なんでも良い)
6. 「ドメインのネームサーバを変更」にチェックし、OKボタンを押す
ss 2018-06-24 23.58.05.png

3. Gmailの設定

1. 設定画面で「アカウントとインポート」タブをクリック
ss 2018-06-25 0.00.57.png

2. 画面中段「他のメールアドレスを追加」をクリック

ss 2018-06-26 1.11.05.png

3. 「自分のメールアドレスを追加」の黄色い画面で、以下を入力

  • 名前: メール送信者として表示される名前 (例: Hogeサービス運営事務局)
  • メールアドレス: さきほどお名前.comで入力した転送元メールアドレス(★)

ss 2018-06-26 1.15.53.png

4. 「メールアドレスの編集」の黄色い画面で、以下を入力

  • SMTPサーバー: smtp.gmail.com ポート587
  • ユーザ名: あなたのGmailアドレスの@gmail.comの前の部分
  • パスワード: 以下の方法で得られるパスワード

【パスワードの入手方法】
Googleのセキュリティページにアクセスし、「アプリを選択」→「その他」→任意の名前を付け生成ボタンを押す。するとパスワードが1回だけ生成される。これをコピー&ペーストして先程の「パスワード」欄に貼り付ける

ss 2018-06-25 0.10.35.png
ss 2018-06-25 0.12.03.png

5. 確認メールが送られてくるので記載されている「確認コード」を入力する

ss 2018-06-25 0.10.17.png

以上

これで、Gmail経由でメール送信ができるようになります。なお、途中で設定したネームサーバは、もう変更してしまっても構いません。ネームサーバの設定は、Googleから確認メールが送られてくる際に、独自ドメインに送られたメールを自身が見れるアドレスに転送するためだけに使いました。

ネームサーバを変えると、独自ドメインでメールを受信できなくなります。受信する方法は別の記事で書きます。

komakomako
NTTデータ辞めました
https://www.mahirokazuko.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした