Edited at

Yarn (yarnpkg) インストール覚書

More than 1 year has passed since last update.

社内向けに Yarn のインストール方法をメモ書きします。


Homebrew をインストール

下記をターミナルにコピペして実行してください。

たったそれだけでインストールが完了します。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"


Yarn をインストール

先ほどの Homebrew を使用して Yarn をインストールします。

下記をコピペして実行してください。

brew update && brew install yarn


npm でもインストール可能

Homebrew がうまくインストールされないよ!という方は、npm でもインストール可能です。

npm install --global yarn


pathを通す

/Users/ユーザー名/ にある、.bash_profile ファイルに下記を追記します。

※なければ新規作成してください。

export PATH="$PATH:`yarn global bin`"

追記できたら、上書き保存しましょう。


Yarn の動作確認

下記のコマンドを実行して、バージョンが表示されれば Yarn のインストール完了です。

yarn -v


Yarn の基本的な使い方

下記のコマンドで package.json に記述されているモジュールを一括インストール可能です。

yarn install

または

yarn

感覚的には npm コマンドと変わらないのですが、一部変更があるので注意が必要です。


モジュールの個別インストール


npmの場合

npm install モジュール名



yarnの場合

yarn add モジュール名



モジュールの個別アンインストール


npmの場合

npm uninstall モジュール名



yarnの場合

yarn remove モジュール名



モジュールの個別アップデート


npmの場合

npm update モジュール名



yarnの場合

yarn upgrade モジュール名



その他のオプション

詳しくは yarn help コマンドで確認してください。


参考サイト