search
LoginSignup
0

posted at

updated at

Visual StudioでC++のbits/stdc++.hを使う

競技プログラミングでC++をやっている人にはおなじみかと思うbits/stdc++.hですが、
VisualStudioではデフォルトでは使うことができません。
そこで、VisualStudioでも使えるようにします。

プロジェクト毎に設定するのが面倒なので、Visual Studio全体で使えるような方法で説明します。

そもそもbits/stdc++.hって何?

こちらの記事にて詳しく書かれています。

設定方法

今回はVisual Studio 2022での設定方法を記載しますが、
他のバージョンでも同様の手順にて設定できるかと思います。

includeのパスを探す

デフォルトでインストールした場合は
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\2022\Community\VC\Tools\MSVC\バージョン\include
がincludeのパスになります。

別途フォルダーにインストールした場合は適宜読み替えてください。

パスのバージョンの所ですが、人によっては複数のバージョンのフォルダーが生成されていることがあります。
この場合は一旦適当なプロジェクトを作成し、.cppファイルを作成、

#include <iostream>

と記述し、iostreamの個所にカーソルを置きF12キーで一旦iostreamを表示させます。
完全パスのコピーまたはこのアイテムのフォルダーを開く
にてiostreamの存在する場所を特定することで、バージョンが何であるかがわかります。
image.png

includeフォルダーにbitsフォルダーを作成します。

作成には管理者権限が必要となります。

image.png

その中にstdc++.hを作成します。

こちらも作成には管理者権限が必要となります。
通常のテキストエディタで作成する場合は、
管理者権限で実行するか、一度デスクトップなどに作成した後にbitsフォルダーに移動してください。
※通常起動では保存する権限がないため弾かれてしまいます。

stdc++.hの中身はこちらの内容を丸々コピーし、
#ifndef、#endifの個所を削除してください。

これで

#include <bits/stdc++.h>

と書けば使えるようになります。

なお、これでエラーが表示されてしまう場合は、
bits/stdc++.h内、最初の方(#includeが書かれる前)に

#define _SILENCE_CXX17_C_HEADER_DEPRECATION_WARNING

を記載してください。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0