Posted at

grunt-contrib-concat 連結元のファイルパスをコメントとして挿入

More than 5 years have passed since last update.

grunt-contrib-concat 連結元のファイルパスをコメントとして挿入するやり方。

https://www.npmjs.org/package/grunt-contrib-concat

に、サンプルソースとして記載されていたのですが

Gruntfile.js

module.exports = function(grunt) {

grunt.initConfig({
pkg: grunt.file.readJSON('package.json');
concat: {
options: {
process: function(src, filepath) {
// 連結元のファイルパスをコメントとして挿入
return '\n'+ '// sourceURL=' + filepath + '\n' + src;
}
},
files: {
'dist/built.js': ['src/project.js', 'src/project2.js'],
}
});

// grunt.loadNpmTasks, grunt.registerTaskは省略
};

これで、grunt実行すると、

// sourceURL=src/project.js

// ここにsrc/project.jsのソース内容がはいるよ

// sourceURL=src/project2.js
// ここにsrc/project2.jsのソース内容がはいるよ

という感じで、連結前のファイルパスがコメントとして記載される。