CoffeeScript
Express.js

express.js 4をCoffeeScriptで開発できるようにする

More than 3 years have passed since last update.

いつの間にかexpress.jsも4です。

では早速

expressのインストール

4からnpmではexpressをインストールするんじゃなくてexpress-generatorをインストールするようになりました。

npm install -g express-generator coffee-script js2coffee

プロジェクトの作成

適当な名前のプロジェクトを作成 オプションはお好みで

express hoge -css stylus

cd hoge

ここでjsをcoffeeにする便利ツールjs2coffeeを使い一括で変換

find . -type f -name "*.js" | while read f; do js2coffee "$f" > "${f%.*}.coffee"; done

上手くできたらjsファイルは削除

find . -type f -name "*.js" | xargs rm -f

npm install の前にやらないとnode_modulesの中もcoffeeに代わるので注意

npm install

npm install coffee-script --save

エディターで bin/wwwを編集

 #!/usr/bin/env node
-var debug = require('debug')('my-application');
+require('coffee-script/register');
+var debug = console.log //require('debug')('my-application');
 var debug = require('debug')('my-application');
 var app = require('../app');

これでbin/wwwを直接またはnode-devから実行すればOKです。

疑問

var debug = require('debug')('my-application');

がデフォルトでありますけど これいったいなんなのかよくわからないんですよね。

追記: 2014/5/7
DEBUG=my-application ./bin/www
で起動するとLogが出るんですね(ちゃんと出力を読めよと言う話)