Help us understand the problem. What is going on with this article?

The Biostar Handbook が面白すぎる件

これはbiostars とは全く関係のない人が The Biostar Handbook というネットで販売されている本を紹介するページです。
IT技術に関係する記事ですので、問題はないと思いますが、もしもなにかありましたらご一報ください。

Biostars をご存知ですか?

biostarsは、バイオインフォマティックス領域のstackoverflowとでも言うべきQ&Aサイトです。バイオインフォマティックスでは、初心者向けの日本語の資料があまり多くはありません。そのような状況で、biostarsを検索すると親切な回答が掲載されていることが多く、非常に参考になりますね。実際に自分で質問してみたこともありますが、丁寧で良質な回答がつくことが多いのでとても便利です。

そんな biostars が handbook を販売しているということで、購入してみました。

https://biostar.myshopify.com/

価格は非常に安くて、2500円とか、3500円とか、そのぐらいの値段です。学術書の値段を考えると、本当にお買い得の価格だと思います。

image.png

(バイオインフォの本としては驚きの価格だ!)

私はPaypalで支払いをしましたが、日本からでも全く問題なく購入できます。

Biostar handbook は英語が読めなくても大丈夫!

さて、biostar handbook を買ったはいいのですが、私は英語が苦手です。でも、biostars はログインしてウェブサイトで読むことが可能なんです! ということは当然chromiumによるGoogle翻訳が活用できます。

image.png

(日本語で読める、読めるぞ!)

もちろん原文を確認しなければならない箇所もあるでしょうが、通読する分にはこれで十分だろうというかなり高いレベルの日本語で読み進めることができます。そして、質量ともに、これほどまとまったバイオインフォマティックスの初心者向け日本語の資料は地球上に存在しないと言い切ってよいでしょう。

Biostar Handbook のおもしろすぎるところ!

時間を無駄にしない方法が面白すぎる

さて、biostarハンドブックを買って一番おもしろかったのが、「時間を無駄にしない方法」という項目です。あまりにも面白かったので、どっかーの方面からお叱りが入るかも知れませんが引用したいと思います。

Dockerに対する言及

image.png

どうですか?最高じゃないですか?次に、AWSに対する言及を見てみましょう

image.png

解析プラットフォームに対する言及を見てみましょう

image.png

CWLに対する言及を見てみましょう

image.png

この面白さは、なにもCloud業者やDockerに対してだけではありません。
GATKについての言及を見てみましょう

image.png

いやあもう最高だと思います。(気分を悪くされましたか?)日本でこんなことを書かれた本を販売したら、クレームが来るかも知れません。

しかし、全てのツールは誰かの手によって作られたものです。単に盲信するのではなく、どこがダメなのかを知る。愛のある健全な批判的な精神でながめるというのは必要でしょう。

これで興味がわいたらぜひBiostar Handbookを手にとってみてください。

https://www.biostarhandbook.com/

上はあえておもしろい記述をあげましたが、全体的にはとてもわかりやすく書かれた初心者向けの充実した教科書っていう感じです。

バイオインフォマティックス初心者のために、このぐらいわかりやすい初心者向けの日本語の教科書があったらなぁと思います。学力もなく英語もできないので勉強するのが大変です!

最後に、私はbiostarsのお世話になってるユーザーですが、biostarsとは何らの利害関係はありません。Biostar Handbookを宣伝しても私の手元には1円も入りません。でもこの魅力的なハンドブックを見てると宣伝したくなってしまいました。

この記事は以上です。

kojix2
Rubyがすき。バイオインフォマ見習い。
qiitadon
Qiitadon(β)から生まれた Qiita ユーザー・コミュニティです。
https://qiitadon.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away