Help us understand the problem. What is going on with this article?

ロカールのWordPressをBrowsersyncを使って、iPhoneで確認する

さくっとやりたい時用です。がっつりやりたい場合は、gulpを使いましょう。

IPの接続と何ら変わりがありませんが、Browsersyncをかますと、CSSやPHPのファイルを更新するだけで、ブラウザが勝手にリロードさせれるので便利。
node.jsがインストールされていることが前提です。

ローカルのWordPressにpackage.jsonを作成します。
--proxyの後ろのURLは、適時変えてください。
--filesのパスは、package.jsonから見た時の相対パスです。

{
  "name": "demo",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "wordpress",
  "scripts": {
    "start": "browser-sync start --proxy localhost:8888 --files=\"wp-content/themes/[テーマ名]/*.css, wp-content/themes/[テーマ名]/**/*.php\""
  },
  "devDependencies": {
    "browser-sync": "^2.9.3"
  }
}

ターミナルでpackage.jsonを設置したディレクトリまで移動し、Browsersyncをインストールします。もし、Browsersyncがグローバルにインストールされていれば、このコマンドは叩く必要がありません。
(先頭の\$は「ここはコマンドだよ」って意味です。$は無視してコピペしてください)

$ npm install

Browsersyncのインストールが終わったら、下記のコマンドを叩きましょう。

$ npm start

ターミナルに下記のような内容が記述されます。

Access URLs:
 -------------------------------------
       Local: http://localhost:3000
    External: http://192.168.1.48:3000
 -------------------------------------
          UI: http://localhost:3001
 UI External: http://192.168.1.48:3001

パソコンが接続しているWi-Fiに、スマートフォンも接続させ、Access URLsのExternalのURLへアクセスしてみましょう。

ローカルのWordPressを実機で確認できるようになります。
またCSSなどを変更してみましょう。パソコンやスマートフォンで表示しているWordPressが勝手にリロードします。

もし同期したくない場合は、Access URLsのUIへアクセスし、同期設定をOFFにしましょう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした