Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS EC2でWindows2008から2012にインプレースアップグレードを試してみた

Windows Server 2008 R2 の期限が 2020年1月に切れます(現在2019年11月)。新規にEC2を構築して移行すればよいのですが、Windowsに インプレースアップグレード っていうのがあるらしいので試してみました。

概要
インプレースアップグレードというのは、Windows Server 2008R2 から 2012に変更できるみたいです。Microsoft公式では2世代までOKと書いているのですが、Win2008R2からWin2012R2はダメでした(Win2008R2からWin2012はOKでした)

注意点
ドキュメントにネットワークドライバを更新せよと書いてあったので更新すると、リモートデスクトップで接続できなくなり、実験サーバーなので破棄しました。みなさんも注意してください。

AWS 資料
インプレースアップグレードを実行する

事前準備

今回は Windows Server 2008 R2 から Windows Server 2012 にアップグレードします。まずは現状のインスタンスにおまじない的な作業を3つ行います。

1 EC2Config サービスをアンインストール

[コントロールパネル][プログラムと機能] から EC2ConfigService をアンインストールします。

2 EC2Launch サービスのインストール

以下の2つをダウンロードします。
https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/EC2Launch/latest/EC2-Windows-Launch.zip
https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/EC2Launch/latest/install.ps1
zipは解凍せずにそのままです。同じ位置にps1を置きます(両方デスクトップに置きました)install.ps1 を右クリック「PowerShellで実行」してください。その後 C:\ProgramData\Amazon で確認してください(隠しフォルダなのでパスを直接入力)

3 AWS Systems Manager SSM エージェントのインストール

以下のダウンロードして実行してください。
https://s3.amazonaws.com/ec2-downloads-windows/SSMAgent/latest/windows_amd64/AmazonSSMAgentSetup.exe

インストールメディアの作成

Windows のインストールメディアを用意するのですが、AWS の場合はメディア4GBのボリュームを作り、Dドライブにマウントさせます(おークラウドっぽい)

4 アベイラビリティーゾーン(AZ)とインスタンスIDを控えます。

5 メディアのボリュームの作成

[EC2][スナップショット] で「パブリックスナップショット」を選択します。説明に Windows 2012 と入れて検索します。Windows 2012 Japaneseで「ボリュームの作成」を実行します。先ほどのAZを指定します。

6 ボリュームをアタッチ

作成した4GBのボリュームを選択し「ボリュームのアタッチ」を実行します。インスタンスIDを指定します。

Windows アップグレード

インストールメディアを使ってアップグレードを行います。

7 EC2にリモートデスクトップでログインします。

Dドライブにインストールメディアが表示されています。Setup.exe を実行します。
<起動してすぐ終了する場合>
私の場合 Win2012R2 のインストールメディアが起動できず、Win2012 にするとできました。

8 実行中

強制再起動から10分くらい待ちました。

9 確認

システムが使えるかを確認します。

まとめ

Win2008から2012なら新規に2019を作った方がいいかもしれません。当然ながら無理やり2012になるので、細かいところでトラブルが発生するかもしれません。昔Win7からWin10のアップグレードのトラブルで苦労しました。1点モノのどうしようもないサーバーで、お客から催促されているならこの方法はアリかもしれません。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away