IoT
KinomaCreate

Kinoma Create: シミュレータ

More than 3 years have passed since last update.

Kinoma Create は21,600円するのでお小遣いでなかなか買いづらいですよね。

https://www.switch-science.com/catalog/2000/

でも、大丈夫です。

Kinoma Create がなくても、Kinoma Studio(http://kinoma.com/studio/)

があれば雰囲気は楽しめます。

以下、MacOS での利用方法です。Windowsでもだいたい同じでしょう。

Kinoma Studio をインストールして、起動すると最初にプログラムを保存するフォルダを聞いてきます。指定してOK押すと、オレンジ色の Welcome Page がでてきます。(このページは、タイトルバーの[Help]->[Welcome]で出てきます。)

kobito.1422374597.277082.png

Examples の方の丸をクリックして、ここは、スクロールして下の方にある

PWM Tricolor LED

を選びましょう。

kobito.1422374775.771089.png

なんか聞かれるので、OK を押しましょう。

kobito.1422375979.739927.png

こんな感じの画面が出てくるので、Kinoma Create の横の "Run >"ボタンを押しましょう。

kobito.1422375063.580503.png

こんなウィンドウが立ち上がります。

Kinoma Create の方の赤、緑、青の丸をドラッグしてみましょう。

それに応じて、左側のなんとも味のある絵の LED の色が変わります。

kobito.1422375320.151365.png

実物では、ここのページの動画のようになるものをシミュレートするとこうなるということです。

http://kinoma.com/create/samples/pwm-tri-color-led/

というわけで、このシミュレータの説明が Youtube で、

日本時間の今週土曜日1月31日の朝6時からライブ配信の予定だそうです。

http://blog.kinoma.com/2015/01/kinoma-create-webinar-3-hardware-pins-simulators/

朝早いので、なかなかチェックできないとは思いますが、

前回同様(https://www.youtube.com/watch?v=R5v9oEsOtgo)

に後からでもみれるようになるはずです。