LoginSignup
5

More than 3 years have passed since last update.

Firebase Remote Configの設定値にHTML, JSON, JavaScriptを設定してパース・実行してみた

Last updated at Posted at 2018-04-18

利用環境

macOS 10.12.6
Xcode 9.2

Firebase Remote Configの設定値の制約

https://firebase.google.com/docs/remote-config/parameters?hl=ja
公式のドキュメントの「パラメータと条件の制限」によると、

Firebase プロジェクト内には、最大 2,000 個のパラメータ、最大 500 個の条件を設定できます。パラメータキーの長さは最大 256 文字で、アンダースコアまたはアルファベット (A~Z、a~z)で始める必要があります。数字を使用することもできます。プロジェクト内のパラメータ値文字列の合計長は、800,000 文字以内にする必要があります。

「パラメータ値文字列の合計が800,000文字以内」ってなかなか上限には達しないけど、もし、この上限まで達するとすれば、どんな文字列があるだろうか・・・・と考えて、検証するのが下記の3つ
・HTML
・JSON
・JavaScript

Firebase Console

Remote Configのコンソール上で、HTML, JSON, JavaScriptを設定する。

firebase_remote_config.png

今回、下記の3つのキーに設定された値を利用する。
・test_html
・test_json
・test_js

WebViewの準備

HTML、JavaScriptの動作検証用に、WKWebViewを配置したViewControllerを用意する。
javascriptがalertが呼ばれた時に何か処理を実行するために、WKUIDelegateも設定

ViewController.swift

import Foundation
import WebKit

class WebViewController: BaseViewController, WKUIDelegate {

    var webView: WKWebView?

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // webviewの初期化処理
        self.webView = WKWebView(frame: CGRect(x: 0, y: 0, width: self.view.frame.size.width, height: self.view.frame.size.height))
        self.webView?.uiDelegate = self

        self.view.addSubview(webView!)
    }

    /// WKUIDelegate

    func webView(_ webView: WKWebView, runJavaScriptAlertPanelWithMessage message: String, initiatedByFrame frame: WKFrameInfo, completionHandler: @escaping () -> Void) {
        print("javascriptでalertが呼ばれた")
    }
}

HTML

HTMLの文字列をパースして、webViewに表示する。

ViewController.swift

override func viewDidLoad(){

    // 中略

    // Firebase Remote Configから"test_html"に設定されたHTMLの文字列を取得する。
    let remoteConfig = RemoteConfig.remoteConfig()
    let remoteConfigSettings = RemoteConfigSettings(developerModeEnabled: true)
        remoteConfig.configSettings = remoteConfigSettings!
        remoteConfig.setDefaults(fromPlist: "remoteConfigDefaults")

    let htmlString = remoteConfig["test_html"].stringValue
    self.webView?.loadHTMLString(htmlString!, baseURL: nil)   
}

JSON

JSONをパースして、コンソールに表示してみる。

ViewController.swift
override func viewDidLoad(){

    // 中略

    // Firebase Remote Configから"test_json"に設定されたJSONの文字列を取得する。
    var escapedJsonString = remoteConfig["test_json"].stringValue
    let jsonData = escapedJsonString?.data(using: .utf8)
    var dict: [String : Any]?
    do{
        dict = try JSONSerialization.jsonObject(with: jsonData!, options: []) as? [String : Any]
        //利用したいデータのkeyを指定してデータ取り出し
    } catch {
        print(error.localizedDescription)
    }
    print(dict)
}

RemoteConfigからjsonを取り出した直後は、ダブルクォートがエスケープされた状態になっている。
JSONパースして、アプリに必要な値は、取り出して画面に反映するのが良さそう。

JavaScript

JavaScript文字列を取得して、webViewで表示中のwebサイトに、javascriptを実行してみる。

ViewController.swift
override func viewDidLoad(){

    // 中略


    // Firebase Remote Configから"test_js"に設定されたJavaScriptの文字列を取得し、実行する
    let jsString = remoteConfig["test_js"].stringValue
    self.webView?.evaluateJavaScript(jsString!, completionHandler: { (obj, error) in })
}

自前の環境の設定値とはいえ、アプリ外から取得したJavaScriptが設定できて、
それを実行できるというのは少々怖い・・・

まとめ

HTML, JSON, JavaScriptをFirebase Remote Configから取得して、それをアプリ側に反映させるのは可能なようだった。
文字列の制限があるから、実際に設定するデータはMinifyしておく必要はありそう。
そうなると、専用のフォームを作ってあげる必要がありそうですね。
Remote ConfigはREST APIが利用可能なため、これを利用した管理ツールを作るのが良さそう。
https://firebase.google.com/docs/remote-config/use-config-rest?hl=ja

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
5