nginx
centos7

オフライン環境へのnginx導入手順

構築手順

1.インターネット環境がある端末で、nginx公式HPより最新版のtar.gzファイルをダウンロードする。(http://nginx.org/en/download.html)
2.インストール時にPCREとzlibのライブラリがないと怒られるはずなので、あらかじめダウンロードしておく

yum install --downloadonly --downloaddir=~/hogehoge pcre-devel
yum install --downloadonly --downloaddir=~/hogehoge zlib-devel

3.オフライン環境に上記資材を持ってくる
4.下記コマンドでnginxを導入する

yum localinstall pcre-devel.rpm
yum localinstall zlib-devel.rpm
tar zxvf nginx-1.13.7.tar.gz
cd nginx-1.13.7
./configure
make
make install

bash_profileにnginxのパスを通す。

bash_profile
vi ~/.bash_profile
export PATH=$PATH:/usr/local/nginx/sbin
source ~/.bash_profile

5.nginx -Vでバージョン確認
6.下記URLよりRedHat用のinitスクリプトを取得し、/ete/init.d/nginxファイルとして保存する(実行権限を付与すること)
https://www.nginx.com/resources/wiki/start/topics/examples/initscripts/
7.起動・終了

# 起動
nginx
ps -ef | grep [n]ginx # プロセスの確認

# 終了
nginx -s stop

# 再起動
nginx -s reload

webブラウザでlocalhostにアクセスし、Welcome to nginx! の確認用ページが表示されれば成功。

備忘

デフォルトのルートディレクトリは下記
/usr/local/nginx/html

デフォルトルート配下のファイルインデックスを表示させる設定

/usr/local/nginx/conf/nginx.conf
# conf内の下記記述部分のautoindex on; を追記すればよい

    server {
        listen       80;
        server_name  localhost;

        #charset koi8-r;

        #access_log  logs/host.access.log  main;

        location / {
            root   html;
            index  index.html index.htm;
            autoindex on; # この記述を追加する
        }