Help us understand the problem. What is going on with this article?

CloudWatch Synthetics でスクリーンショットなどが保存されない場合の対処

CloudWatch Synthetics を使ってて、 Canary 実行は正常に OK、 NG を返しますが、スクリーンショット、 HAR ファイル、 ログなど、 S3 に保存される情報が確認できないという状態になってました。

結論

Canary を VPC から実行 (実体は VPC Lambda) されていて、さらに S3 の VPC エンドポイントが設定されていて、ポリシーの設定に不備があるのが原因でした。

ポイントとしてはバケット(リソース)自体に付与するポリシー (PutObject, GetBucketLocation) とバケット一覧を取得する ListAllMyBuckets が必要でした。
ここでハマったのが ListAllMyBuckets はバケット(リソース)レベルで付与するポリシーということではなかったので上手く権限設定できていないというところでした。

最終的に設定したエンドポイントのポリシーは以下のような形です。 ListAllMyBuckets を設定する場合は Resource* にするのがポイントになります。

VPCエンドポイントポリシー
{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Principal": "*",
            "Action": "s3:*",
            "Resource": [
                "arn:aws:s3:::cw-syn-results-XXXXXXXXXXXX-us-west-2/*",
                "arn:aws:s3:::cw-syn-results-XXXXXXXXXXXX-us-west-2"
            ]
        },
        {
            "Effect": "Allow",
            "Principal": "*",
            "Action": "s3:ListAllMyBuckets",
            "Resource": "*"
        }
    ]
}

Canary の Lambda のログには「ListAllMyBuckets の許可がないよ」が出てましたが、設定方法を間違っていたため解決に時間がかかっていました。

以上。

kobarasukimaro
バックエンド開発メイン。 Java, PHP, Swift, Python, Javascript, AWS
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした