unicode
文字Day 1

Unicode Code Point の値を Google Spreadsheet 上で文字表現に変換

More than 1 year has passed since last update.

今回用いるサンプル文字

今回は Unicode 絵文字「😁」の各形式での記述方法を紹介します。

「😁」という絵文字は Unicode Code Point としては

U+1F601

と定義されています。

HTML 上での表記

HTML が Unicode を扱えるエンコーディング形式 (UTF-8等) で管理されているのであれば、エディタでそのまま「😁」と打ち込めば「😁」がそのとおりに「😁」と表示されます。

これを Code Point を明示指定した形で HTML 記述したい場合には

😁

とします。

Google Spreadsheet 上での表記

Google Spreadsheet は Unicode 文字に対応しているので、セル内には直接「😁」と打ち込めば「😁」がそのとおりに「😁」と表示されます。

これを Code Point を明示指定した形で Google Spreadsheet 記述したい場合には

=CHAR(HEX2DEC("1F601"))

とします。

おまけ:Excel 上での表記

Excel (2016) では CHAR 関数ではなく UNICHAR 関数を使うことになります。

=UNICHAR(HEX2DEC("1F601"))

 
今日はここまで。