Posted at

[Visual Studio Code][Golang][Windows] VSCodeでGoの開発環境を作成する方法まとめ

More than 1 year has passed since last update.

VSCodeでGoの開発環境を作成する方法メモ

感覚的にはほとんど苦労せずにコード補完、デバッグも含めた環境を作成できました。

(Vimでの設定時はけっこう苦労したんですが、VSCodeはサポート手厚いですね・・・)


検証環境


  • Windows10 64bit

  • Visual Studio Code 1.10.2

  • Go 1.8

  • Git for Windows 2.12.0


前提


Visual Studio Code

VSCodeをインストールします。

Visual Studio Code - Code Editing. Redefined


Git for Windows

go get などで使用されるため、Gitをインストールします。

以下の画面で真ん中の選択肢を選んで、コマンドプロンプトからのgitコマンドの実行ができるようにするのをおすすめします。(VSCodeの端末がPowerShellのため)

2.png


Go のインストール

Go の Windows 向けのものをインストールします。

Downloads - The Go Programming Language


環境変数にGOPATHを追加

以下は設定例

環境変数名

備考

GOPATH
%USERPROFILE%\go
左は設定なしの場合のインストールされるデフォルト値

PATH
%USERPROFILE%\go\bin
既存のものに追加、GOPATHに合わせる


Visual Studio Codeの拡張機能を導入


拡張機能本体のインストール

同名の拡張機能がありますが、2番めのアイコン付きの方をインストールします。

1.png


拡張機能から使われるGoのパッケージのインストール

READMEのしたのほうにも書いてありますが、依存パッケージをインストールします。

もし、Go環境をアップデートした場合は以下のパッケージも合わせてアップデートするのをおすすめします。


開発用Goの依存パッケージのインストール

go get -u -v github.com/nsf/gocode

go get -u -v github.com/rogpeppe/godef
go get -u -v github.com/zmb3/gogetdoc
go get -u -v github.com/golang/lint/golint
go get -u -v github.com/lukehoban/go-outline
go get -u -v sourcegraph.com/sqs/goreturns
go get -u -v golang.org/x/tools/cmd/gorename
go get -u -v github.com/tpng/gopkgs
go get -u -v github.com/newhook/go-symbols
go get -u -v golang.org/x/tools/cmd/guru
go get -u -v github.com/cweill/gotests/...


デバッグ用のDELVEのインストール

古い記事だと証明書などの手順がありますが、今はWindowsでは go get からで良いようです。


DELVEのインストール

go get github.com/derekparker/delve/cmd/dlv


delve/install.md at master · derekparker/delve


動作確認


パッケージ補完

1.png


メソッド補完

2.png


ブレークポイントを設定したデバッグ

3.png

だいたい動作したので環境作成としては以上です。(何かあれば追記します)

その他の使用方法などは、拡張機能のREADMEを参照してください。

Go - Visual Studio Marketplace


参考

WindowsのVisual Studio CodeでGo言語の開発環境を作る - 素敵なおひげですね

Visual Studio CodeによるGo言語のデバッグ | Developers.IO