Swift
yamamuraNo1

キミニキメタ

初めてSwiftでアプリつくってみた

アプリ名「キミニキメタ」

アプリケーション目的:社内でシャイな人にも発言をしてもらうため、アプリに発言者を決めてもらう。
アプリ作成のヒント:おみくじアプリからヒントをもらう
最終目標:社員の似顔絵や写真などを入れて、ルーレットなどのアニメーションで決定シーンを作れたら楽しいかも。

下記のコードはまだボタンを押して名前をランダムに取得し、メッセージアラートに表示する、というのみの動作です。引き続き体裁を変更予定です。

背景画像、スタートボタン画像はイラストレーターで作成しEPS保存、フォトショップで最適化しjpeg保存して、 Xcodeの「Assets.xcasetts」に貼り付けて使用。

アラート
import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    // ボタン押した時
    @IBAction func showAlert(sender: AnyObject) {

        // アラートを作る
        let alert = UIAlertController(title: nil, message: nil, preferredStyle: .alert)

        // 配列の中からランダムで社員名取得、arc4random_uniformがランダム関数
        let luckArr = ["社員名1","社員名2","社員名3"]
        let r = arc4random_uniform(UInt32(luckArr.count))
        let randLuck = luckArr[Int(r)]

        // タイトル、メッセージのセット、指名後のメッセージの文言をここに入力
        alert.title = "君に決めた!"
        alert.message = randLuck

        // 閉じる為のボタン作成
        alert.addAction(
            UIAlertAction(title: "Let's talk", style: UIAlertActionStyle.default, handler: nil)
        )

        // アラートを表示
        self.present(alert, animated: true, completion: nil)

    }


    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }


}